生活に役立つお金の情報です。

確定給付企業年金のメリットとデメリット

記事作成日:2017年6月17日

確定給付企業年金のメリットとデメリットについてです。加入者にとってのメリットは、基本的に掛金拠出の負担がないこと、給付額が約束されているので、老後の生活設計がしやすいことが挙げられます。一方デメリットとしては、確定給付企業年金は長期間勤続するほどもらえる年金額が多くなるように設計されることが多く、転職をするような場合には十分な一時金・年金が受け取れないことが挙げられます。

スポンサーリンク

加入者の確定給付企業年金のメリット

事業主の負担で上乗せ年金がもらえる

確定給付企業年金は原則として事業主(企業)が掛金を負担します。一方で、確定給付企業年金に加入することで、公的年金(国民年金・厚生年金保険)に上乗せして年金を受け取ることができるようになります。

資産運用を自分で行う必要がない

確定給付企業年金は、事業主・基金が管理・運用に関わることになるため、資産運用の指示を自分が出す必要がありません。そのため、資産運用や投資の知識がなくても、年金給付を受け取れるのです。

老後の生活設計がしやすい

確定給付企業年金はあらかじめ給付額が約束されていて、資産運用の結果に応じて給付額が変化するわけではないため、年金額の予想がしやすくなり、老後の生活設計を立てやすくなります。

一時金として受け取ることもできる

確定給付企業年金は一時金としても受け取ることができる場合があることがメリットです。確定拠出年金の場合には60歳になるまで引き出せないなどの制約があり、お金の自由度が制限されてしまうことがありますが、確定給付企業年金の場合は60歳になる前に受け取ることができる場合があります。

受給権を保護する仕組みがある

確定給付企業年金は確定給付企業年金法に基づく制度であり、規約について厚生労働大臣の承認、あるいは企業年金基金の設立について厚生労働大臣の認可を受けなければならないほか、積立義務、受託者責任、情報開示などの仕組みが整えられており、受給権の保護の仕組みがあります。

事業主の確定給付企業年金のメリット

企業の魅力を高める

確定給付企業年金は従業員にとっては、公的年金に上乗せして企業年金が受け取れる制度であるため、金銭的なメリットがあります。そのため、従業員の採用時や採用後の勤続時に確定給付企業年金は福利厚生制度として働く場としての企業の魅力を高めることができます。

勤続年数や退職理由に応じた給付額の設計ができる

確定給付企業年金は退職理由に応じて給付額を変化させることができます。そのため、自己都合退職や短期間での退職を抑制する効果が得られる場合があります。

掛金拠出時は全額損金算入できる

確定給付企業年金に対する事業主(企業)の拠出は全額損金算入が可能となるため、内部に留保して自社年金を積み立てるよりも税制面では有利となることがあります。

運用時に税制優遇がある

確定給付企業年金の運用時には、運用収益(フロー)に対しては非課税となります。一方、積立金には特別法人税の課税がありますが、凍結中です。ただし、将来どうなるか保障はありません。

加入者の確定給付企業年金のデメリット

約束された給付が引き下げられるリスクがある

確定給付企業年金は給付額があらかじめ合意されていますが、資産運用に失敗し積立金が不足した場合には、給付額が引き下げられる可能性が全くないとは言えません。

短期間での転職は不利になりやすい

確定給付企業年金での給付は長期勤続者を優遇する傾向があり、短期間で転職を行うような場合には、確定給付企業年金からの給付はほとんど受けられない場合があります。

自己都合退職の場合給付が不利になる可能性がある

確定給付企業年金は退職理由に応じて給付金額を変更することが可能です。自己都合退職の場合には、給付金額が減る可能性があり、老後の生活に影響してしまう場合があります。

事業主の確定給付企業年金のデメリット

掛金の拠出を負担する必要がある

確定給付企業年金は原則として事業主(企業)が掛金の拠出を負担する必要があります。確定給付企業年金を実施する場合には、実施のための費用が必要になるのです。

管理・運用の負担を負う必要がある

確定給付企業年金を実施するためには、運営・管理の負担を追う必要があります。信託銀行や生命保険会社が管理・運用を行う場合でも、事業主(企業)は一定の事務負担を負いますし、基金型の場合には人的・金銭的な法人の運営負担を負うことになります。

資産運用の結果によっては積立不足の可能性がある

確定給付企業年金はあらかじめ定められた給付を行うことが求められます。資産運用の結果が芳しくなく積立不足が生じても、給付を行わなければいけないため、追加で掛金を負担しなければいけなくなることがあります。

退職給付会計により債務認識が必要になる

確定給付企業年金は事業主が積立義務を負っていて、退職給付会計の対象となることから、退職給付引当金を負債として認識しなければいけないことがあります。

まとめ

  • 確定給付企業年金の加入者のメリットは、基本的に掛金拠出の負担がなくもらえる年金が増えること、給付額が約束されているので老後の生活設計がしやすいことなどがあります。
  • デメリットとしては、転職をするような場合には十分な一時金・年金が受け取れないことなどがあります。

スポンサーリンク

【確定給付企業年金のメリットとデメリットの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ