生活に役立つお金の情報です。

機械式駐車場のメリットとデメリット

記事作成日:2015年8月31日

立体機械式駐車場の特徴とメリットやデメリットについて説明しています。機械式駐車場は盗難されづらい、駐車場代が安い場合がある、などがメリットです。ただし、機械式駐車場は車を車室に入庫させるため、荷物の出し入れがしづらいなどのデメリットがあります。また、故障時やメンテナンス時は利用できないということもデメリットです。

スポンサーリンク

機械式駐車場とは

機械式駐車場とは、機械を操作してパレットと呼ばれる車室を呼び出して入出庫をする立体の機械式駐車場です。パレットと呼ばれる車室がパズルのように垂直方向や上下左右に動いて入出庫をしたり、立体的な円状に循環したりして、土地を立体的に利用することで多くの車両を狭い土地に駐車することができます。

都市部では一般に貸し出している機械式駐車場も多くみられます。また、マンションの場合は機械式駐車場も多いです。

機械式駐車場のメリット

賃料は通常安い

機械式駐車場は、設置費用やメンテナンス費用などを考えると決して安いものではありませんが、台数を確保できることから利用料金を下げることができる場合があります。通常は入出庫に時間がかかることなどが考慮されて、平面駐車場よりも毎月の利用料金は安く設定されます。

いたずらや盗難されづらい

機械式駐車場の場合は、機械の操作に専用の鍵などが必要になり、車室はゲートなどで仕切られるのでいたずらや盗難、車上荒らしなどがされづらくなります。ただし、屋外の機械式駐車場の場合で車室に容易に入れる場合は事情が異なります。

屋外の最上階部分以外は屋根がある

屋外の機械式駐車場の最上階部分以外は上に車室があることになり屋根付きとなります。そのため、暴風雨などの場合以外は雨にぬれません。また、夏の日差しの影響も受けづらくなります。

車室内での乗車降車時以外はぶつけられない

機械式駐車場は車室に車が格納されるので、車室内で乗車したり降車する時のドアの開け閉めで隣の車にぶつけてしまうことはありますが、入庫や出庫の時はぶつけづらい構造になっている場合がほとんどですので、ぶつけられづらいです。

機械式駐車場のデメリット

位置によっては入出庫がしづらい

機械式駐車場は土地が狭い場合に最大限駐車台数を確保するために作られることも多く、通行できる部分が狭い場合があります。バックでの入庫の距離が長い、複数回の切り返しが必要など入出庫の運転が難しかったり、ターンテーブルで回転が必要な場合もあります。車室の幅が狭い場合や天井高がぎりぎりの場合、慎重に運転しないと接触してしまう場合があります。

入出庫に時間がかかる

機械式駐車場は入庫や出庫の際には自分の車の車室部分が利用できるようになるまで待たなければいけません。位置が悪いと何分か待たないといけない場合があります。

他の人と入出庫が重なる

機械式駐車場で同時に複数の人の車の入庫や出庫にぶつかってしまうと順番待ちをしなければいけません。スペースが限られている場合は待機する場所を確保したり、すれ違う場所を確保したりするのに苦労します。また、待ち時間もかかります。

荷物の出し入れがしづらい

機械式駐車場の車室には安全のため入庫時や出庫時以外は立ち入ることは禁止されていますし、機械式駐車場の車室の中で物の出し入れも原則禁止されているはずです。地下部分がある場合、物を落としたら大変です。物の出し入れをする場合には一度機械式駐車場がら出して行う必要があり、手間がかかります。

メンテナンス時は使用できない

機械式駐車場は安全に使うため定期的に点検をする必要があります。点検をしている間は入出庫が出来ません。メンテナンスの時間は予め告知されるので、点検予定を確認して予定を組めば不便はありませんが、どうしても時間がぶつかってしまう場合は予め出庫や入庫が必要となります。

故障時は使用できない

機械式駐車場も機械なので故障することがあります。機械式駐車場に不具合があって故障してしまうと利用することができません。すぐに修理をしてもらえればいいのですが、修理をしてもらうまで時間がかかる場合がありますし、修理期間が長くなることもあり得ます。

大地震の直後は使用できない

機械式駐車場は規模が大きい地震があった場合には、安全を確認せずに使うと故障などによって大事故につながる場合があるため、点検や確認が必要になります。

しかし、大きな地震があった場合、ほとんどの機械式駐車場で確認作業が必要となるため、利用できるまでに時間がかかることがあります。

地下部分は大雨などの際に水没の危険

機械式駐車場で地下部分に車室がある場合には、大雨などの際に水没するリスクがあります。大半の場合には何らかの排水設備があるはずですが、水が流入する勢いが排水能力を超えると水没することになります。

屋外の場合最上階は屋根がない場合も

屋外の機械式駐車場の場合、最上階部分以外は上の部分に車室があり屋根の役割を果たしますが、最上階部分は通常屋根がありませんので雨ざらしとなります。夏の日差しで車が暑くなりますし、雪が降ったら積もります。

車長や車幅のほか車高に制限がある

機械式駐車場の車室は入庫できる車のサイズが決まっています。車長、車幅、車高の制限があります。特に車高制限が問題となる場合が多く、車高があるファミリーカーなどが入庫できない機械式駐車場も多いです。

将来建て替えが発生

機械式駐車場にも寿命があります。物にもよりますが20~30年前後で建て替えを行う場合があります。マンションなどで機械式駐車場を抱えている場合は、建て替え費用の負担が発生します。特にタワー型と呼ばれる高さがあるタイプの場合建て替え費用が膨らみやすいという問題があります。建て替えている間は当然利用できないため、別の駐車場を一時的に借りる必要があります。

まとめ

  • 機械式駐車場は入庫や出庫に待ち時間がかかる、荷物の出し入れがしづらいなどのデメリットがあります。
  • ただし、機械式駐車場は駐車場代が安い場合があるほか、盗難などがされづらいということはメリットです。

スポンサーリンク

【機械式駐車場のメリットとデメリットの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ