生活に役立つお金の情報です。

ロードサービス費用の節約

記事作成日:2015年4月20日

自動車関係費の1つ、ロードサービス費用の節約について説明しています。ロードサービス費用自体は年間に数千円程度なので見直すことによる節約効果はあまり大きくありませんが、加入しているロードサービスはいざという時に頼りになるか、追加費用の負担は発生しないかなど確認しておくことが大切です。

スポンサーリンク

ロードサービスとは

ロードサービスとは、自動車や二輪車にトラブルが発生した場合に、自走不可能となった場合には修理工場などへレッカー移動を行ったり、路上でバッテリー上がり、キー閉じ込み、パンク、ガス欠、落輪などの応急処置を行ったりするサービスです。

ロードサービスの提供者

ロードサービスを提供している団体としては、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が有名ですが、JAF以外にも同様のサービスを提供するJRS(日本ロードサービス株式会社)があります。また、自動車保険やクレジットカードに付帯するサービスとしても提供されています。

ロードサービス費用の節約

ロードサービスの契約先を変更する

節約度:★★

ロードサービスはJAF以外にもJRS、自動車保険やクレジットカードの付帯サービスとして提供されています。自分が求めるサービスの内容に応じて費用が安いロードサービスの提供者を選ぶと節約につながります。

ただし、ロードサービスは全てのトラブルへの対応費用が無料になるわけではなく、一定の作業時間等を超過すると有料サービスとなる場合があります。無料で対応してもらえる範囲が狭かったため有料となってしまい、結果的に高くついてしまったということが無いようにサービス内容には注意しましょう。

ロードサービスのサービス内容は次の点で微妙に各社異なっています。

  • サービスの対象となる車の範囲
  • サービス拠点数
  • 現場到着時間の目安
  • 無料となるレッカー移動の最大距離
  • 対応するトラブルの範囲(バッテリー上がり、キー閉じ込み、パンク、ガス欠、落輪など)
  • 無料となる作業時間の限度
  • サービスの提供回数の限度
  • 諸費用の補償の有無と範囲(宿泊費用、レンタカー費用、帰宅費用、キャンセル費用など)

重複しているロードサービスをやめる

節約度:★★

自動車保険やクレジットカードの補償内容にロードサービスが含まれていて、ロードサービスの部分を補償内容から切り離せない場合には、他のロードサービスに入ってしまうと重複してしまいます。そのため、自分の自動車保険やクレジットカードでロードサービスの提供を受けられるか確認して、サービス内容に問題がない場合は他のロードサービスに入らない、既に入っているロードサービスを解約するなどすればロードサービス費用を節約できます。

補償内容の重複を見直す

節約度:★★

一部のロードサービスでは自動車などのトラブル発生時の帰宅費用、レンタカー費用、宿泊費用、キャンセル費用など各種費用を補償する場合があります。これらの補償内容は自動車保険と重複している場合があるので自動車保険とロードサービスの補償内容に重複がないか確認しましょう。もし重複がある場合は、自動車保険の補償内容を変更する、あるいはロードサービスの契約を変更することで重複する補償内容を見直し費用を節約することができます。

クレジットカード払いで節約

節約度:★★

年会費などはクレジットカードで支払いが可能な場合があります。他の費用と同じようにクレジットカードの割引・還元制度を利用して節約することになります。クレジットカードの支払いを利用してキャッシュバックやポイント、請求時割引などで1%~2%程度得をすることができます。

JAFは一括払いで節約

節約度:★

JAFは入会時に会費を複数年分一括で支払うと入会費が安くなります。そのため、JAFに入会する場合には会費を複数年分一括で払うと少しだけ節約になります。

スポンサーリンク

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ