生活に役立つお金の情報です。

月極の賃貸駐車場代の節約方法

記事作成日:2016年9月7日

自動車関係費の中でも重い負担になりやすいのが駐車場の料金です。特に都市部での駐車場代の負担はかなり大きくなってしまう場合があります。また、駐車場の立地によっては自動車の利用がしづらくなってしまったり、自動車が汚れやすくなったり、いたずらを心配しなければいけなくなったりしてしまうので、安さと利便性のバランスを取ることも大切です。

スポンサーリンク

駐車場代の節約は少しでも安い駐車場を探す

駐車場を借りる場合には少しでも安い駐車場を探すということが重要になります。立地や利便性で劣るような駐車場は賃料が安く設定される傾向にあるので、駐車場代を抑えたい場合には狙い目になります。ただし、賃料と利便性のバランスを考える必要があります。

立地が良くない駐車場は賃料が安い

駅から遠い、地域の中心部から離れている、裏通りにあるなど立地が悪い駐車場は賃料が安くなる傾向があります。地域の駐車場を探し回れば、賃料が安い駐車場を見つけられることがあります。

利用しづらい駐車場は賃料が安い

コンクリートで舗装されていない、入庫や出庫がしづらい、機械式で出し入れに時間がかかるなど利便性が悪い駐車場は賃料が安い傾向があります。多少目をつぶって我慢が出来るのであれば、使いづらい代わりに安い駐車場を選ぶのもありです。ただし、利便性が悪い駐車場にはリスクがあることも注意が必要です。

特殊なサイズの車を選ばない

特殊なサイズの車は駐車場に入らないなどの理由で駐車場探しに苦労する場合があります。特殊なサイズの場合には駐車場代が高くなる傾向があるので、幅が極端に広い、全長が極端に長い、高さが高いなど駐車場の選択肢が狭まるような車はなるべく選ばないようにすることで駐車場代を抑えやすくなります。

賃料が安くならないか交渉する

駐車場も借り手がなかなか見つからない場合には賃料の交渉余地があります。借り手がなかなかつかなさそうな駐車場を借りる場合には、少しくらい安くならないかと不動産屋に持ちかけてみることで賃料を少し安くしてもらえる場合があります。ただし、過度な期待はいけません。

月極の賃貸駐車場の探し方のコツ

時間と手間をかけて探す

なるべく条件が良い駐車場を探したい場合には、面倒がらずにじっくりと探すことが重要です。賃貸住宅よりも賃貸駐車場を探す方が難しいこともあるので、時間にゆとりを持って手間をかけて探すことが大切です。

引っ越しなどの場合に部屋とセットで駐車場を探す場合、部屋が先に決まって駐車場がなかなか決まらないこともあります。引っ越しまで時間がなくとりあえず決めなければいけないという状況になって探す手間を惜しんでしまうと良い駐車場を見つけるのが難しくなります。駐車場が簡単に決まらない可能性を考えてスケジュールを組みましょう。

複数の方法を組み合わせて探す

賃貸住宅であればインターネットのサイトで検索するだけでも希望の条件に合った良い物件を見つけることができます。しかし、駐車場はインターネットのサイトで検索するだけではなかなか希望に合う物件を見つけられません。駐車場を探す方法には、不動産屋の紹介を受ける、自分で歩いて探す、インターネットで探すなどがありますが、複数の方法を組み合わせて探すことが大切です。

不満なら一度決めた後も探し続ける

どうしても良い条件の駐車場が見つからなかった場合、自動車の手続きの関係でやむを得ず駐車場を借りる契約をする場合があります。しかし、位置や賃料など条件に不満がある場合には一度決めた後も探し続けましょう。引っ越しによる駐車場探しなら、引っ越した後の方が地域の事情に詳しくなるので探しやすくなります。また、時間が経てば満車だった駐車場に空きが出る可能性もあります。

駐車場は契約に伴う礼金や敷金などの費用が賃貸住宅と比較すると安く、自動車を動かすだけで引っ越しほどの手間はかからないため、契約の変更がしやすいという特徴があります。駐車場を契約する場合には契約を解約して別の駐車場を借りる可能性を考え、解約の条件をよく確認しておきましょう。

駐車場を借りる場合の注意点

駐車場は他の用途に転用されやすいことに注意する

まとまった広さがある駐車場は、マンションやアパートの建設用地として狙われていることがあります。自分が契約していた駐車場にマンションやアパートが建設されることが決まり、利用できなくなってしまうことも良くあります。駐車場を借りる場合にはずっとそこがそのまま駐車場である保証はないことを意識しておく必要があります。

良い立地である程度の広さがある駐車場はマンションの開発業者などが土地を仕入れられないか虎視眈々と狙っていて、所有者の人に売却してもらえないか交渉が行われているはずです。

また、所有者の方が亡くなって相続が発生すると土地の有効活用を考えたり、手放して換金したりすることがあり、駐車場でなくなってしまう場合があります。

礼金・敷金・更新料や仲介手数料も含んだ総額で損得を考える

駐車場を借りる場合にも礼金や敷金、更新料、仲介手数料などが発生します。敷金は住宅の場合と違って徴収されないこともありますし、全額返ってくることもあるので、特に礼金や更新料、仲介手数料の金額に注意が必要です。月額の賃料が安くても礼金・更新料や仲介手数料次第では割高になることがあります。

解約条件や日割り計算の有無を確認する

駐車場を借りる場合にも解約条件の確認は重要です。解約をする場合にはいつまでに連絡が必要なのか必ず確認しておきましょう。解約が遅れて無駄な賃料を払うことがないように気を付けましょう。

また、契約する日が月の初日ではない場合の日割り計算の有無や解約時の日割り計算の有無についても地味に重要なので必ず確認しておきましょう。日割り計算をする場合は無駄がないので損をする可能性が低くなります。

まとめ

  • 駐車場代を節約するためには、安い駐車場をじっくりと探すことが大切です。一度契約してからも近隣によりよい条件の駐車場がないか探すことが大切です。
  • また、駐車場は他の用途に転用されやすく、別の駐車場を探す必要に迫られる可能性が常にあることも意識しておきましょう。

スポンサーリンク

【月極の賃貸駐車場代の節約方法の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ