生活に役立つお金の情報です。

お金がない人にとってクレジットカードは危険な支払い方法

記事作成日:2017年7月6日

クレジットカードはお金がある人にとっては上手に節約ができて特典もあるお得な支払い手段になります。しかし、クレジットカードはお金がない人にとっては支払いを先送りするための支払い手段で、やがて重い利息がのしかかる支払い手段になってしまいます。

クレジットカードを上手く使いこなせるかどうかは、お金のやりくりができるかどうかということも大事なのですが、結局お金があるかどうかということになってきてしまうことがあるのです。

  • お金がある人:クレジットカードは節約できて便利な支払い方法
  • お金がない人:クレジットカードは家計を悪化させる可能性がある支払い方法

スポンサーリンク

クレジットカードはお金がある人にとっては使うと得な支払い手段

クレジットカードはお金に余裕がある人にとっては、使って当然、使わないと損をするくらいお得な支払い手段です。クレジットカードを使うだけで、ポイントが貯まったり、キャッシュバックを受けられたり、支払い時に割引きを受けられたりします。

年会費などがかかる場合があっても、クレジットカードをたくさん使えば年会費以上の割引きを受けられることも少なくありません。またクレジットカードには旅行保険などの特典がついている場合もあります。

お金がある人は、クレジットカードを使っても支払いに困ることはありませんから、分割払いやリボ払いを利用したり、キャッシングサービスやカードローンでお金を借りる必要もありません。

クレジットカードのお得な部分だけを利用できるので、お金がある人はクレジットカードを利用しないで現金払いをしていると損してしまいます。お金がある人はクレジットカードを積極的に使うことでお得にお金を使うことができます。

お金がなくても支払いができる範囲内で使うならお得に使える

お金がたくさんあるわけでなくても、自分が持っているお金の範囲内でクレジットカードを利用することができて、利用した分のお金を支払用にきちんと分けておける人もクレジットカードを利用することでお得に買い物ができるようになります。

お金に余裕があるわけでなくても、使い過ぎない様に心掛けることができて、家計の管理がしっかりできるのであれば、クレジットカードを利用した方がお得です。

お金がない人がクレジットカードを使うと家計が苦しくなる

お金がある人にとってはクレジットカードは節約ができる大変便利なカードです。しかし、お金がない人にとってはクレジットカードは全く別の支払い手段になります。

お金がない人にとってはクレジットカードは、お金がなくても買い物ができる支払い手段、支払いを先送りできる支払い手段になります。支払うあてがないのにクレジットカードを使い過ぎてしまうとクレジットカードの支払いに困る可能性があります。

また、支払いが苦しいからと分割払いやリボルビング払いにしてしまうと手数料(利息)負担で余計なお金を支払うことになってしまいます。

お金がなくても買い物できる支払い手段

クレジットカードはお金がなくても買い物が出来てしまいます。クレジットカードは利用限度額の範囲内であればお金がなかったとしても買い物が出来てしまいます。実際の支払日に支払えるかどうかすら関係なく、買い物ができてしまうのです。

お金がないのであれば欲しいものがあっても買いたくても買えません。しかし、お金がなかったとしてもクレジットカードがあれば欲しいものが買えてしまうので、自制心が効かないと買ってしまうことがあるのです。

支払うあてがないのに買い物をしてしまうと後で困ることになります。また、支払うあてがあったとしても、その後もクレジットカードを使い続けたり、支払いのためにお金をとっておくことができなかったりすると、支払いに困ることになります。

支払いを先延ばしできる支払い手段

お金がない人にとっては、クレジットカードは支払いを先延ばしできる支払い手段になります。クレジットカードを利用するとその場で現金を支払わなくてもクレジットカードで支払いを1~2か月程度先送りできます。

今はお金がないけど、そのうちお金が入ると思って、お金がないのにクレジットカードで買い物をしてしまうことがあります。しかし、入ってきたお金を別のことに使ってしまって、支払いまでとっておけない場合にはクレジットカードの支払いで困ってしまいます。

分割払いやリボ払いで手数料負担に苦しんでしまう

クレジットカードで買い物をしたけれど、1回払いではお金が用意できなかった、お金は入ったけど別のことに使って亡くなってしまったという場合には支払いに困ることになります。

1回払いでは支払えない場合には、1回払いを後から分割払いやリボルビング払いに変更したり、最初から分割払いやリボルビング払いで買い物をすることがあります。分割払いやリボルビング払いを利用すれば買い物代金の大部分の支払いを1回払いよりも更に先送りすることができます。

しかし、分割払い(基本的には3回以上の分割)やリボルビング払いを利用すると手数料(利息)がかかってきてしまい、払う必要がなかった負担が発生し、余裕がない家計が更に苦しくなってしまいます。

お金がない人は安易にクレジットカードを使ってはいけない

クレジットカードを利用すると、自分が持っているお金以上に買い物をすることができます。お金にゆとりがある人は通常のクレジットカードであれば利用限度額が自分の持っているお金を超えることはないため、支払いに困ることもなく、クレジットカードの良い面、メリットだけを享受することができます。

しかし、お金がない人、お金の管理ができない人、計画的に利用できない人がクレジットカードを利用すると、支払うことができる以上にクレジットカードで買い物をしてしまう可能性があり、支払いに苦しむことがあります。

クレジットカードを利用するなら利用限度額を低めにする

クレジットカードを利用するとお得に買い物ができるので、どうしてもクレジットカードを利用したいという場合には自分が支払える範囲内までクレジットカードの利用限度額を引き下げておきましょう。

クレジットカードの利用限度額はコールセンター、お客様窓口などに連絡すれば引き下げることができます。引き上げの場合は通常審査が必要になりますが、引き下げの場合は審査の結果断られるということは基本的にはありません。

まとめ

  • お金がある人、お金の管理がちゃんとできる人にとってはクレジットカードは買い物がお得にできる支払方法です。
  • しかし、お金がない人、お金の管理ができない人にとってはクレジットカードは買い物をし過ぎてしまって家計の状況を悪化させる可能性がある支払方法になってしまいます。

スポンサーリンク

【お金がない人にとってクレジットカードは危険な支払い方法の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ