生活に役立つお金の情報です。

クリーニング代の節約方法

記事作成日:2017年2月5日

クリーニング

クリーニング代の節約方法についてです。衣類を清潔に保ち、快適に着こなすためには、クリーニングは大切なのですが、クリーニングはお金がかかります。1回の金額はそれほど大して多くなくても、積み重なると大きな金額になっていることがあります。人によっては相当大きな金額になっていることがあります。

スポンサーリンク

クリーニングはお金も手間もかかる

クリーニングは大変便利なのですが、お金や手間がかかるということが問題点です。クリーニングを利用する場合、ワイシャツやスーツなど頻繁に着るものは定期的に利用することになるので、1回1回の利用料金は少なくても、積み重なると大きな金額になります。

また、クリーニングを利用する場合、衣類を預ける時と引き取る時で2回クリーニング店に行かなければいけないため時間や手間がかかります。営業時間が短い場合や忙しい場合には、限られた時間に行き来しなければならないこともあります。

クリーニング代の節約のため自宅で洗う

クリーニング代を節約するための最も簡単な方法は、クリーニングを利用するのではなく、自宅で洗濯してしまうということです。自宅で選択すれば、クリーニング料金を支払う必要がありませんし、クリーニング店に持ち込んで受け取る手間も省けるのです。

自宅で洗える衣類を選ぶ

クリーニング代を節約できるかどうかは、服選びの時点ですでに始まっています。自宅では洗えない衣類ばかり購入してしまうと、クリーニング代が膨らんでしまいます。着ていてもクリーニングに出すのが面倒だと感じてしまうと服が傷んでしまいますし、クリーニングが嫌だからと着ないでいると買ったこと自体がもったいなくなってしまいます。

洋服を購入する際は、自宅での選択が可能なのかどうかも考えて購入するようにするとクリーニング代を抑えることができますし、クリーニングではなく自宅で選択できるので、着やすくなるはずです。

ビジネスでのスーツでも夏用のものなどは洗えるウォッシャブルタイプのものが多く発売されるので、洗えるものを選べばクリーニング代を抑えることができます。

服を購入する際には洗濯の表示を気にするようにして、自宅で洗濯できるのかということを意識することでクリーニング代の節約につながります。

寝具(布団)も洗えるものを選ぶ

布団などの寝具で大きなものはクリーニングに出すと高額になる傾向があります。しかし、布団などでも自宅の洗濯機で洗えるものもあるので、問題がなければ自宅で洗えるものを選ぶのも手です。

大きなサイズになると自宅では洗えなくなるので、ダブルサイズを1枚買うよりも、シングルサイズを2枚買うといったような選び方の方が、洗いやすい場合があります。

2枚選ぶことによって上がる料金と節約できるクリーニング代を考えて節約効果が大きくなる場合は、大きなサイズ1枚ではなく、小さなサイズを2枚買うという選択肢もあります。

洗濯機のドライコース・手洗いコースを利用する

多くの洗濯機にはドライコース、手洗いコース、クリーニングコースなど名称は洗濯機によって異なりますが、衣類へのダメージを最小限に抑えて優しく洗うコースが用意されています。ドライコースはクリーニング店のドライクリーニングとは違って水洗いにはなりますが、標準(通常)コースよりは優しく洗うことができます。

自分の家の洗濯機の説明書を読んで、優しく洗うコースの特徴を理解して活用することで、クリーニング代の節約ができます。

家で手洗いする

どうしても洗濯機を利用するのが心配な場合、洗濯機では洗えないけれど手洗いが可能な洗い物は手洗いをすることで、クリーニング代を節約することができます。

自宅で洗えないものはコインランドリーを利用する

自宅の洗濯機で選択ができないような大きな布団などでもコインランドリーの大型洗濯機で選択できる場合があります。クリーニングをお願いするよりも、コインランドリーの方が安価で済む場合があるので、料金や手間を考えて大丈夫そうならコインランドリーを利用するという方法も節約につながります。

クリーニングを利用するならセール・割引を狙う

どうしても自宅やコインランドリーでの洗濯が難しいようなものは、セールや割引を狙って利用するようにしましょう。自分が利用するクリーニング店がどんなセールや割引を実施しているか普段から意識して調べるようにして、衣類を傷めないような範囲で、割安に利用できる時期にクリーニングをお願いするようにしましょう。

まとめ

  • クリーニング代を節約するためには自宅で洗うことが効果的です。自宅で洗濯をするためには服選びが重要です。洗濯ができる服を選ぶようにしましょう。
  • また、洗濯機の優しく洗うコースを利用することでクリーニング代を抑えることができます。

スポンサーリンク

【クリーニング代の節約方法の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ