生活に役立つお金の情報です。

BS、CS、CATV、有料放送の節約

記事作成日:2015年4月25日

BS放送、CS放送、CATV(ケーブルテレビ)、有料放送の節約についての説明です。料金プランや契約内容のの見直し、代わりとなる安いサービスへの切り替えで節約できる場合があります。有料放送は趣味・娯楽的な要素があり、もし必要がないと感じる場合には大胆に解約してしまうと大きく節約できます。

スポンサーリンク

BS放送、CS放送とは

BSは放送衛星(Broadcasting Satelite)、CSは通信衛星(Communications Satelite)を利用していますが、どちらも衛星放送です。ただし、アンテナを設置して衛星からの電波を受信する以外にケーブルテレビ回線を通じた視聴や、インターネット接続を行う光ファイバー回線を通じた視聴もできます。

民放のBS放送は基本的に無料

地上波で放送を行っている民放各社のBS放送は基本的に無料で、BS放送を見られる環境であれば特に何かをしなくても見ることができます。

BS放送が視聴可能な場合、NHKと衛星放送契約

BS放送が視聴可能な環境である場合、NHKの衛星放送契約を結ぶことになります。

有料のBS放送、CS放送、CATV

有料放送では、衛星放送の「スカパー!」「WOWOW」が有名です。他にはケーブルテレビの「J:COM」、光ファイバー回線を通じて提供されるNTTぷららが運営する「ひかりTV」、他の放送サービスと組み合わせてオプションチャンネルとして契約する「スターチャンネル」などがあります。その他にも類似サービスとしてインターネットを通じた動画配信サービスとして「Hulu」などが有名です。

BS放送、CS放送、CATV、有料放送の節約

パックではなく必要なチャンネルだけで節約

節約度:★★

有料放送のプランには数多くのチャンネルが見られるセットやパックがありますが、自分が見たいと思っているチャンネルが限られている場合は、個別に必要なチャンネルだけ契約する方法はないか探してみましょう。チャンネルを限定することで節約することができます。例えばスカパーでは、パック、セットのプランもありますが、1チャンネル単位で選んで視聴することができます。

プランのチャンネル数を抑えて節約

節約度:★★

有料放送にはいくつかのプランがありますが、多くのチャンネルを見られるものもあればそうでないものもあります。契約種類が選択できる場合は、自分に合った最適なプランを選択して不必要に多くのチャンネルを契約しないようにすると節約できます。

各種キャンペーン、割引を利用する

節約度:★★

有料放送では、視聴者獲得のため様々なキャンペーンが行われています。また、様々な割引制度もあります。キャンペーンや割引制度を利用して、利用料金を少しも抑えましょう。

番組を見なくなったら解約する

節約度:★★

有料放送は基本的に継続して契約が続くものですので、忙しくなってテレビがなかなか見れなくなった場合でも、だらだらと契約を続けてしまうことがあります。自分の番組の興味が変わったり、テレビを見なくなったりした場合には、契約内容を見直して、変更や解約を行いましょう。

本当に必要かよく考える

節約度:★★★

節約は少し減らす、我慢するよりも、やめてしまう、なくしてしまう方が大きく節約できます。有料放送サービスは、普通の地上波の放送ではなかなか見られないような番組が視聴できることからテレビが好きな人にとってはたまらないものだと思います。好きな人によっては、良い気分転換や娯楽になると思いますし、情報を得ることや教養を深めるために番組を視聴していることもあると思います。それでも、節約が必要な場合には、自分にとって本当に必要なものか、他に代わりとなる安いサービスはないか、真剣に考えましょう。家計全体の中で、有料放送サービスの支出が膨らみすぎないように注意しましょう。

代わりとなるサービスを探して節約

節約度:★★

最近ではインターネット接続が高速化したことやスマートフォンが普及したことから、ネットを利用したサービスがたくさん登場しています。動画だけでなく、有料の音楽配信でも新しいサービスが出ているので、自分が欲しいと感じるサービスで代わりとなる安いサービスを探すと節約になることがあります。

スポンサーリンク

【BS、CS、CATV、有料放送の節約の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ