生活に役立つお金の情報です。

データ通信用の格安SIMの料金を比較

記事作成日:2015年6月17日
最終更新日:2015年6月18日

2015年6月現在のデータ通信用の主要な格安SIMの基本料金やデータ通信量を比較しました。プランによってはかなり割安に携帯電話料金を抑えることができます。なお、料金プランの改定などによって変わっている場合などがありますので、最新の情報は各社のホームページなどでもご確認をお願いします。

データ通信用の格安SIMを使う場合は基本的に音声電話ができる携帯電話との2台持ちとなります。SMSは音声通話ができる携帯電話端末で利用できるはずですので、ここでは原則としてSMSはついていないものを選んでいます。

スポンサーリンク

音声通話が可能な格安SIMの料金を比較

2015年6月現在のデータ通信用の格安SIMの料金をまとめています。多くの会社はNTTドコモの回線を利用していますが、一部会社がauの回線を利用しています。各社のプランのうち基本的に一番安くなるプランのみ掲載していますが少し特徴が違う場合は複数掲載している場合があります。

NTTドコモ回線を利用している格安SIM

はNTTコミュニケーションズ、IIJmio、b-mobile、BIGLOBEなどがMVNOでは大手になりシェアが高くなっています。DMMモバイルの料金プランはかなり安くなっていますし、b-mobileのおかわりSIMは利用状況によって料金が変わるユニーク内容となっています。

大半のプランでは月額1,000円以内に収まります。データ通信制限内で利用ができるならば大幅に携帯電話料金のデータ通信料金を引き下げることができます。

【NTTドコモ回線】格安SIMの基本料金とデータ量(税抜)
プラン名基本料金データ通信量
OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)
110MB/日コース900円110MB/日
初期費用3,000円
3GB/月コース1,100円3GB
初期費用3,000円
IIJmio(インターネットイニシアティブ)
データ通信専用SIM
ミニマムスタートプラン
900円3GB
通信制限3日366MB
初期費用3,000円
最低利用期間:翌月末日
b-mobile(日本通信)
b-mobileおかわりSIM
5段階定額
500~1,500円1GB~5GB/月
初期費用3,000円
X SIM
プランI
900円1.01GB/月
初期費用3,000円
X SIM
プランN
900円51MB/日
初期費用3,000円
BIGLOBE LTE・3G(ビッグローブ)
データSIM
エントリープラン
900円3GB/月
通信制限3日360MB
初期費用3,000円
DMM mobile(DMM)
データSIMプラン
1GB
660円1GB/月
通信制限3日366MB
初期費用3,000円
最低利用期間:利用開始月末日
NifMo(ニフティ)
データ通信専用
SIMカード
3GBプラン
900円3GB/月
通信制限3日500MB
初期費用3,000円
最低利用期間:利用開始月末日
楽天モバイル(フュージョン)
データSIM
3.1GBパック
900円3.1GB/月
通信制限3日540MB
初期費用3,000円

(備考)初期費用の名称は各社異なります。解約時の料金、最低利用期間の算出方法は各社によって異なりますので必ず各社にご確認をお願いします。フュージョンはフュージョン・コミュニケーションズです。キャンペーンの適用などによって料金は異なる場合があります。通信制限は高速時の場合とそうでない場合があります。

au回線を利用している格安SIM

au回線の格安SIMは多くありません。mineoは割安なプランがあります。敢えてau回線かNTTドコモ回線かとこだわる意味は薄いと思いますので、回線の会社に関わらず自分に合ったプランを選ぶとよいでしょう。

【au回線】格安SIMの基本料金とデータ量(税抜)
プラン名基本料金データ通信量
mineo(ケイ・オプティコム)
シングルタイプ
500MB
700円500MB/月
初期費用3,000円
解約時:12か月以内9,500円
UQ mobile(KDDIバリューイネイブラー)
データ高速プラン900円3GB/月
通信制限3日1GB
初期費用3,000円

(備考)初期費用の名称は各社異なります。解約時の料金、最低利用期間の算出方法は各社によって異なりますので必ず各社にご確認をお願いします。キャンペーンの適用などによって料金は異なる場合があります。通信制限は高速時の場合とそうでない場合があります。

まとめ

  • データ通信用の格安SIMのプランは大体月1,000円以下で収まります。
  • データ通信量の制限に問題がなければかなり節約するチャンスがあります。
  • 基本的に音声通話用の携帯電話端末とデータ通信用携帯電話端末の2台持ちとなります。

スポンサーリンク

【データ通信用の格安SIMの料金を比較の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ