生活に役立つお金の情報です。

食事で人と会うのは夜のディナーではなく昼のランチにする

記事作成日:2016年7月3日

友人・知人や同僚などと親交を深める場合には、夜のディナーではなく昼のランチにすることで節約する方法があります。人間関係は夜のディナーでないと深められないということはなく、お昼のランチでも深めることは可能です。お互いの都合がつくのであれば、ランチを積極的に活用することでお金を節約することができます。

スポンサーリンク

夜のディナーは費用がかかる

夜のディナーの費用を抑えるために、より安いお店を探したり、クーポンなどの割引サービスを利用したりすることは大切ですが、そもそもお昼と夜では飲食にかかる費用が大きく違ってきます。

例え高めのお店でもお昼のランチであれば1,000~2,000円で抑えることができますが、夜のディナーの場合は2,000円では収まらず、3,000円以上になることも多いです。

夜のディナーは工夫次第で少し安くすることができますが、そもそもお昼と夜では価格帯が違ってくるので、お金を節約しようと思っても限度があります。

夜でなくお昼に会えばいい

お昼のランチに会うよりも、夜のディナーで会う方がお金がかかってしまうため、そもそも夜会わないとダメなのかを考えてみることが重要です。

お昼でも夜でも話すことはできますし、お昼に大切な話ができないということもありません。時間や場所に関わらず、人と仲良くすることはできるはずです。

人と会うのは夜ということに拘らずお昼のランチで会うということも選択肢に含めてはどうでしょうか。更に相手との関係性次第ですが、ランチだけでなく、カフェなどで会うということも考えられます。

夜の約束は相手の都合が悪い場合も

夜の約束は相手にとって都合が悪い場合があります。例えば、家族と過ごす時間にしたいからなるべく早く帰りたいとか、疲れているからあまり遅く帰りたくないとか、相手が断りづらい理由を抱えていることもあります。

夜ではなく昼に会うことを提案することで会いやすくなる場合もあるので、お互いの都合がつくようなら積極的に夜ではなくお昼を活用するようにしましょう。

夜の約束は相手に残業を強いる場合も

夜に食事の約束をすることで、結果的に相手に残業を強いてしまう場合もあります。早く帰ろうと思っていたけど、夜に食事の約束があるから残業していこうか、というような気持ちにさせてしまうこともあります。

相手も金銭的負担が軽くなる

自分だけではなく、相手の金銭的負担が軽くなるということも重要な点です。金銭的負担が重くならないで会えることで、会いやすくなる場合があります。

仲が良い友人の場合は、お互いに過度に気を使ったりしないで、安く済ませようということを話し合って会うことも重要です。変に見栄を張るとお互いの負担になり、会いづらくなってしまうこともあります。

まとめ

  • 人と会う場合はお昼のランチを積極的に活用することで、飲食費が安く済み節約につながります。
  • 自分だけではなく、相手の金銭的な負担が軽くなることで、相手も負担を感じること自分に会うことができます。

スポンサーリンク

【食事で人と会うのは夜のディナーではなく昼のランチにするの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ