生活に役立つお金の情報です。

1フロア1住戸(1フロア1世帯)のメリットとデメリット

記事作成日:2018年5月19日

1フロア1住戸(1フロア1世帯)のメリットとデメリットについてです。1フロア1住戸(1フロア1世帯)とは、1つの階に1つの住戸(部屋)しかない、1つの世帯しか住まない状態の部屋のことを意味します。その階には自分だけしかいなくなり、4方向が外部となるため、プライバシーが確保される、特別感がある、日当たりが良いなどがメリットになりますが、気温の変化が大きくなるなどがデメリットとなります。

スポンサーリンク

1フロア1住戸(1フロア1世帯)のメリット

自分だけのフロアで特別感がある

1フロア1住戸(1フロア1世帯)では、その階、フロアは自分だけが住んでいることになるため、ちょっとした特別感があります。周りを気にしないで過ごすことができます。一定の希少価値があると言えます。

隣に他の部屋がないため生活音が気にならない

1フロア1住戸(1フロア1世帯)では同じ階に他の部屋がないため、隣の生活音が気になってしまうということがありません。上下の音はもちろん気になることがありますが、隣を気にする必要がないのです。

プライバシーが確保しやすい

1フロア1住戸(1フロア1世帯)では同じ階に他の部屋がないため、他の部屋の人は基本的にその階に立ち寄ることがないため、プライバシーを確保しやすくなります。

風通しが良く換気しやすい

1フロア1住戸(1フロア1世帯)は4方向を開口部とすることができるため風通しが良く換気がしやすいため、換気をきちんと行えばカビの発生を防ぎ、気持ちよく過ごすことができます。

日当たりが良い

1フロア1住戸(1フロア1世帯)は4方向を外部と接することになるため、日当たりがとても良くなります。部屋の中まで日差しが差し込みやすくなり、部屋が明るくなります。

眺望(眺め)が良く開放感がある

1フロア1住戸(1フロア1世帯)は4方向を外部と接することになるため、眺望(眺め)が良くなります。また4方向が開けているため、圧迫感が少なく、開放感が得られます。

1フロア1住戸(1フロア1世帯)のデメリット

価格が高め

1フロア1住戸(1フロア1世帯)の部屋は生活環境が恵まれていると考えられるため、価格(購入であれば販売価格、賃貸であれば家賃)が高くなる傾向があります。住居費の負担が大きくなり家計を圧迫することがあるため要注意です。

数が少なく希少

1フロア1住戸(1フロア1世帯)の部屋は数が多くないため、希少です。そのため、1フロア1住戸(1フロア1世帯)限定で探してしまうと、物件の選択肢が極めて少なくなってしまうことがあります。

外部の音の影響を受けやすい

1フロア1住戸(1フロア1世帯)は4方向を外部と接することになるため、外部の音の影響を受けやすくなります。近くに騒音の発生源がある場合には、音が気になってしまうことがあります。

安定的な形状になっているか確認が必要

1フロア1住戸(1フロア1世帯)で低層の場合はあまり問題とはなりませんが、高層の場合には建物の形状がおかしな形になってしまっていることがあるため要注意です。1フロア1住戸(1フロア1世帯)で高層の建物は細長い建物となることがあります。

気温の変化が大きい

1フロア1住戸(1フロア1世帯)の場合には4方向全てが外部と接していることになるため、直射日光や外部の気温の影響を受けやすくなってしまい、気温の変化が大きくなります。夏は暑く、冬は寒いということになるのです。

4方向が開口部となるため家具の配置が難しい

1フロア1住戸(1フロア1世帯)は換気がしやすく日当たりは良いのですが、4方向が窓などの開口部となるため窓がない壁の部分が少なくなり、家具の配置が難しくなります。また、開口部が多いため家具の日焼けも心配する必要があります。

窓が多くなるため結露が多くなる

1フロア1住戸(1フロア1世帯)は窓の数が増えるため、窓の結露が多くなってしまいます。日当たりが悪い部屋などは換気をしっかりしないとカビが大量に発生することがあります。

冷暖房の効きが悪くなる

1フロア1住戸(1フロア1世帯)は断熱がきちんとしているかにもよりますが、夏は暑くなりやすく、冬は冷えやすいため、冷暖房の効き、効果が悪くなってしまうことがあります。冷暖房の効率が悪いと、電気代の負担が増えてしまうことがあります。

開口部が多くなるため防犯対策に配慮が必要

1フロア1住戸(1フロア1世帯)では、4方向が外部となり、窓などの開口部も多くなるため防犯対策を気を付ける必要が出てきます。階数にもよりますが、しっかりと防犯対策をしないといけなくなることがあります。

まとめ

  • 1フロア1住戸(1フロア1世帯)のメリットには、4方向が外部と接するため、日当たりが良い、換気がしやすい、開放感がある、プライバシーを守りやすいなどがあります。
  • 1フロア1住戸(1フロア1世帯)のデメリットには、気温の変化が大きくなる、壁に窓の部分が多くなるため家具の配置がしづらくなる、価格が高いなどがあります。

スポンサーリンク

【1フロア1住戸(1フロア1世帯)のメリットとデメリットの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ