生活に役立つお金の情報です。

中規模マンションのメリットとデメリット

記事作成日:2018年5月27日

中規模マンションとは、総戸数が50戸から200戸程度(場合によっては50~100戸や50~150戸程度を指す場合もあります)のマンションを指します。中規模マンションは小規模マンションと大規模マンションの中間的な位置づけとなるため、小規模と大規模のメリットとデメリットが打ち消されバランスが取れていることがメリットとなります。

スポンサーリンク

中規模マンションのメリット

中規模マンションは、小規模マンションと大規模マンションの中間となるため、それぞれのデメリットが打ち消されてバランスが取れていることがメリットです。特に1戸当たりの管理費や修繕費の負担も少なくなりやすいことがメリットです。

バランスが取れている

中規模マンションは、大規模マンションと小規模マンションの中間的な位置づけとなります。戸数が多すぎず、少なすぎずなので、大規模マンションと小規模マンションの良いところや悪いところが混ざり合った中間的なものとなり、全般的にバランスが取れていることが多くなります。

管理費が割安

中規模マンションは、戸数がそこそこの数ある一方で、大規模マンションにみられるような共用施設が多くないため、1戸当たりの管理費や修繕積立金の負担が相対的に割安となる傾向があり、効率的なマンション運営が行われていることが多くなっています。管理費や修繕費の面では一番恵まれていることが多いのが中規模マンションであると言えます。

管理人も巡回ではないことが多い

中規模マンションは、小規模マンションとは異なり巡回管理ということは少なくなります。日中は基本的に管理人が常駐しているため、管理が行き届いていることが多いです。小規模マンションの場合にはゴミ捨て時間帯だけ管理人が巡回するということもありますが、中規模マンションになると管理人の費用を負担できるようになるのです。

意思決定が比較的円滑

中規模マンションは、小規模マンションほどではありませんが、戸数がものすごく多いという訳でもないため、意思決定が比較的円滑に行われる傾向があります。比較的似たような家庭環境にある人が入居することが多いため、意見対立がそれほど起きない傾向があります。

近所づきあいも濃すぎない

中規模マンションは、小規模マンションよりは戸数が多くなるため、それほど近所づきあいが濃くなることはなく、住民の顔は見えやすいが、距離感が近いこともないということになり、適度に暮らしやすい状態となることが多いです。住民は何となく見たことがあるようなことが多いため、あまり見かけない人がいると気が付きやすいと言えます。

理事などの役員も適度な周期で回る

中規模マンションは、戸数がそこそこの数がある一方で、多すぎる訳ではないため、理事などの役員の仕事が適度な頻度で周期的に回ることになります。そのため、数年から十数年に1度はマンションの管理に関わることになるため、どの世帯も適度にマンション管理に対して意識を持つことになります。そして、負担がかかりすぎないようになっています。

物件や部屋の選択肢が多い

中規模マンションは、比較的狭い敷地でも建設ができることから物件数はそれなりにあり、部屋の数もそこそこの数があるため、物件や部屋の選択肢が多くなり、選びやすくなります。

中規模マンションのデメリット

中規模マンションは小規模マンションと大規模マンションの中間的となるためバランスが良く、中規模マンションはあまり目立つようなデメリットはありません。

共用施設は限られる

中規模マンションの共用施設はだ規模マンションと比べると基本的に充実していません。しかし、共用施設が全くないという訳でもなく、集会場など住民が集まって何かをするような場所は確保されていることが多いです。ただし、あまり共用施設には期待ができません。

駐車場や駐輪場は多くないことも

中規模マンションの場合には、小規模マンションほどではないにしても、敷地に制約があるため駐車場や駐輪場の数が十分に確保されていないことがあります。都市部では駐車場や駐輪場の数に不満を感じてしまうかもしれません。

まとめ

  • 中規模マンションは、小規模マンションと大規模マンションの中間となるため、バランスが取れていることがメリットです。1戸当たりの管理費や修繕費の負担も少なくなりやすいです。
  • 中規模マンションでは共用施設が基本的に限られていて、駐車場や駐輪場の数が戸数に対して十分確保されないことがあることなどがデメリットとなります。

スポンサーリンク

【中規模マンションのメリットとデメリットの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ