生活に役立つお金の情報です。

家賃に影響する要因

記事作成日:2015年5月30日

家賃に影響を与える要因の例について説明しています。家賃は基本的には一般的な景気動向、地域全体の特性・などによって大まかな家賃の水準が決まり、個別的な要因から個別の家賃の相場が形成されることになります。ここでは家賃を左右する個別的な要因を中心に、家賃に影響する要因について説明しています。

スポンサーリンク

一般的、地域的な要因

景気動向

景気動向が良い時期は家賃が強い動きとなりやすく、景気動向が悪い時は家賃が弱い動きになりやすいです。

地域の需給

物件が存在する地域の需給が家賃に影響します。地域全体が人気がない場合、物件の家賃は下がりやすいです。空室の多さなどが目安になります。

最寄り駅

都市部では最寄り駅の魅力度合いによって家賃が左右されます。都心部への交通利便性、急行や快速の停車駅かどうか、始発駅かどうかが影響します。

個別的な要因

募集時期

物件の募集時期によって家賃は影響を受けます。人の動きが多い2~3月は家賃が高くても借り手が見つかる可能性があるからです。

最寄り駅からの距離

都市部では最寄り駅からの距離が家賃に大きく影響します。

広さ

家賃は広ければ広いほど高くなります。

間取り

形状が変わった間取りは家賃が下がりやすいです。一般受けしやすい間取りの方が家賃は下がりにくいです。

階数

階数は物件の家賃に影響します。低層階ほど安く高層階ほど高いです。

角部屋・中部屋の別

角部屋は高くなりやすく、中部屋は安くなりやすいです。

築年数

築年数は家賃に影響を与えます。新しいほど人気が出やすいです。適合する耐震基準とも関係します。

耐震基準

いつの耐震基準に適合しているかは家賃に影響します。特に地震に対する防災意識が高まっているため影響が大きくなりつつあります。

リフォームの有無

古い物件の場合、リフォームが行われていると家賃は上がります。

セキュリティ

オートロックや監視カメラの有無などが家賃に影響します。

日当たり

物件の日当たりが良いと家賃に好影響を与えます。部屋の採光状況が良い場合も良い影響を与えます。

建築構造

鉄筋コンクリート造りか木造かなど建築構造は家賃に影響します。

デザイン性

デザイナーズ物件などは人気が高く家賃が高くなりやすいです。

道路環境

物件の近くまで車が入れる道路がないなどの場合は家賃が低くなります。

駐車場

駐車場の有無、近隣での借りやすさは家賃に影響します。

眺望

眺望が良ければ家賃にはプラスに働きます。

プライバシー性

部屋の窓や扉の位置と近隣建物の関係でプライバシーに影響する場合、家賃が下がりやすいです。

周辺施設

コンビニやスーパーなど生活の利便性を高める施設があると家賃に好影響です。

嫌悪施設

葬儀場や墓地、騒音や悪臭がある工場、高圧線の鉄塔など一般的に嫌がられる施設が近隣にあると家賃が下がりやすいです。

洋室・和室

洋室あるいは和室の部屋の種類、フローリングやカーペット、畳など床の材質は家賃に影響します。

バス・トイレ

バスやトイレが専有か共用か、分離しているか、ユニットバスかどうかなどが家賃に影響します。

エアコン

エアコンが設置可能か、設置されているかなどが家賃に影響します。

家具

家具付きかどうかが家賃に影響します。

洗濯機置場

洗濯機置場の有無や室内あるいは室外かが家賃に影響します。

管理体制

分譲仕様の場合など管理体制が良いと家賃が上がります。手入れが行き届いていない家は家賃に悪影響を与えます。

収納

収納の使いやすさや多さは物件の魅力を高める場合があります。ロフトは人気を集める場合があります。

室内設備

室内設備が充実している、新しいなどの場合は家賃が高くなりやすいです。

共有設備

エレベーターの有無など共用設備の充実度は家賃に影響します。

騒音・振動

幹線道路沿いや鉄道の近くの場合など騒音や振動がひどい部屋は家賃が低くなりやすいです。

ベランダ

ベランダの有無や広さは家賃に影響します。

インターネット

光ファイバーなどインターネット利用環境が整備されている場合、家賃に好影響です。

コンロ・熱源

IHや電気コンロ、都市ガス、プロパンガスなどコンロや家全体の熱供給減の種類によって家賃は影響を受けます。

ペット飼育

ペット飼育が可能な場合、人気となる場合があります。

スポンサーリンク

【家賃に影響する要因の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ