生活に役立つお金の情報です。

家計の改善は節約や支出の見直しから

記事作成日:2015年5月18日

家計が苦しい場合などに家計改善を行う場合、まずは節約や支出の見直しから始めることが基本となります。支出の見直しをしないまま収入を増やそうとすると、収入が増えても支出が増えてしまい、結局家計が苦しいままになることが多いからです。家計の見直しは収入を増やすことも大切ですが、支出の見直しから始めましょう。

スポンサーリンク

家計を良くする方法

家計の収支を良くするためには、入ってくるお金である収入を増やすか、出ていくお金である支出を減らすしかありません。もちろんどちらも大切で、どちらにも取り組む必要があります。

収入を増やすことは大切

節約や支出の見直しはやり尽すと効果を出すのが難しくなってくるので、支出を減らすだけではなく、収入を増やすことはとても大切です。

収入を増やすには不確実性も

しかし、働くことによって収入を増やす場合でも今の仕事で収入を増やす場合は、昇給や昇進は自分が決めることではないですし、時間もかかります。また、転職する場合でも時間をかけてじっくり考えないと新しい職場でうまくいかなかったりするかもしれません。

副業を新たに始める場合には、場合によっては軌道に乗るまでに時間がかかることもあります。資産運用の場合はそもそもお金を減らしてしまうリスクもあります。

収入を増やすことは大切なのですが、通常は不確実さがあり、すぐには期待できないこともあります。そのため、じっくりと取り組むことが必要になります。

すぐに効果が出る場合

もちろん、これまで働いていなかった人が新たに働き始めたり、共働きでなかった人が夫婦で働くという場合は収入がすぐに増えるため、家計改善の効果がすぐに表れます。また、残業時間を増やすこともすぐに効果が出ます。

収入が増えても変わらない場合が

家計が無駄遣い体質になっている場合は、収入が増えても家計が改善しないことがあります。通常は収入が増えれば、支出もある程度増えていきます。人によっては稼ぐようになったんだから、少し贅沢しても大丈夫、といったような感じで支出が増えてきます。

収入が増えても支出が増えなければ家計は改善するのですが、収入が増えても支出が増えてしまい依然とあまり変わらない場合があります。支出が多くなっているので、生活の質自体は上がっているはずなのですが、家計は苦しいままになっていることがしばしばあります。

無駄遣いを増やさないためには、収入が増えていく前に、節約、支出の見直しで家計の体質改善を行う必要があります。

まずは節約、支出の見直しから

節約や支出の見直しは、時間がかかることもありますが、すぐに実行できることもたくさんあります。固定的な支出を見直すことができれば節約効果が続くので支出が増えづらくなります。また日頃やりくりする費用についても贅沢をしないことや生活水準を上げないことを意識すれば支出の増加を抑えることができます。

家計の見直しを行う場合は、家計の把握をした後で、節約・支出の見直し→収入を増やすという順番で実行していきましょう。そうすれば収入が増えるとさらに家計が良くなるはずです。

スポンサーリンク

【家計の改善は節約や支出の見直しからの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ