生活に役立つお金の情報です。

商品券や金券、ポイントは無理に使い道を探さない

記事作成日:2015年10月30日

プレゼントや懸賞、贈り物、申込・購入特典などによって商品券や金券を手にすることも多いと思います。また、クレジットカードやお店のポイントカードなどでポイントが貯まる仕組みも普及しています。

商品券や金券、ポイントは使えるお店が限られているなどの点を除けば、ほぼ現金と同じように利用することができるため大変便利です。商品券や金券、ポイントをもらった時は家計の上では現金で収入があったのとほぼ同じ効果があります。

ただし、商品券や金券、ポイントなどがある時には気を付けなければいけないことがあります。それは無理に使い道を探してしまうことです。

スポンサーリンク

商品券や金券、ポイントの使い道を探してしまう

贈り物などで商品券をもらった経験がある人も多いと思います。商品券や金券、ポイントなどをお金を払って買ったわけではなく、もらったような場合にはなんだか得した気分になって、「何を買おうかな?」と使い道を考えてしまう人がいます。しかし、無理して商品券や金券、ポイントの使い道を探すのは良くありません。

商品券や金券、ポイントを無駄遣いしない

家計で無駄な支出をしないために大切なことは、必要がないものを買わないことです。商品券や金券、ポイントがあると、得したような気持ちになって、ついつい使い道を探してしまうことがありますが、普通のお金と同じように大切に使い道を考えるべきです。「商品券をもらったから何かを買っちゃおう」といったようなことはしなくてもいい支出をしてしまうことも多いです。

割高な店で買ってしまう恐れも

商品券や金券、ポイントは使えるお店が限られているため、使ってしまおうと思った場合、使えるお店で何かを買うということになります。今特に必要ではない物、他の店よりも割高な物、ちょっと贅沢な物などを選んでしまう場合もあります。

商品券や金券、ポイントは有効期限を気にする必要はありますが、使い道を無理して考える必要はありません。何か必要なものが出てくるまで商品券や金券、ポイントはとっておきましょう。

支払い可能な場面まで待ってから使う

商品券や金券、ポイントはどこでも使えることができるわけではないですが、何か必要なものを買おうとしている時に商品券や金券、ポイントで支払いができるのであれば、その時に商品券や金券、ポイントを使いましょう。

自分から何に使うかを考えて使うのではなく、何か必要な物を買う時に商品券や金券、ポイントで支払える場合にお金の代わりとして使うのです。そうすると商品券や金券、ポイントで不必要な買い物をしなくてすみ、支出を無駄に増やすことが無くなります。

ただし、ポイントなど有効期限がある場合は気を付けなければいけません。

まとめ

  • 商品券や金券、ポイントが手に入ると、特に必要な物がなくても何に使おうかと考えてしまう場合があります。
  • しかし、無理して商品券や金券、ポイントの使い道を探すと無駄遣いをしやすいので、必要な物を買う時に商品券や金券、ポイントで支払えるような場合まで商品券や金券、ポイントはとっておきましょう。ただし、有効期限がある場合は注意しましょう。

スポンサーリンク

【商品券や金券、ポイントは無理に使い道を探さないの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ