生活に役立つお金の知識と情報です。

お金を使わない日を増やして節約する

記事作成日:2019年6月19日

節約方法の1つにお金を全く使わない日を作るという方法があります。1日お金を1円も使わないような日を作り、増やしていくことで、お金を使わないように心掛けるようになり、無駄な支出を防ぐことができるようになるのです。例えば仕事の日にお弁当や水筒を持参してお金を使わないようにする、仕事が休みの日に1日お金を使わない日を作る、といったようなことが考えられます。

スポンサーリンク

お金を使わない日を増やすと節約になる

一か月のうち全くお金を使わない日を増やすと節約になります。例えば、平日など仕事をしている日(土日や祝日に仕事がある場合は土日や祝日)はお金を使わないと決めて財布からお金を全く出さないようにするのです。

お金を使わない日を増やしていくと、お金を使わないように意識するようになるため、ちょこちょこ買い、ついで買い、ラテマネーなどのような小さな支出を減らすことができ、節約につながります。お金を使わないことこそが節約なのです。そのため、1日お金を使わない日を増やすと節約になるのです。

なお、電気や水道、ガスなどは使っただけ後で請求されますが、生活のために必要なものなので考えないようにして例外とします。

お金を使わない日を決める

お金を使わない日が全くない場合は、まず1週間のうちの1日をお金を使わない日と決めて、お金を使わない生活をするようにしてみましょう。食事は家にあるもので何とかして、コンビニで購入したり、外食をしたりしないようにする。飲み物は家からお水を入れた水筒を持参して自動販売機やコンビニなどで買わないようにする、といったようにします。

まずは1週間のうち1日だけでもお金を使わない日を作るようにして、お金を使わなくてもいい日を作り出して習慣化していくのです。

仕事の日がお金を使わない日の狙い目

仕事の日はお金を使わない日にしやすいです。定期券があれば電車やバスで追加でお金を支払う必要はありませんし、日中は仕事なので無駄遣いを防ぎやすいです。

仕事の日にお金を使わないようにするためにはランチや飲み物をどうするかという問題が発生します。お弁当や水筒を職場に持参すればランチ代などを使わなくて済むため、お金を使わない日を作ることができます。

お金を使わない日に備えて準備をしておく

お金を使わない日は、コンビニでお弁当を買ったり、外食をしたりしないので、自宅で食事を準備する必要があります。どうしても忙しくて準備する時間がないというような場合は、休日に食材を下ごしらえや準備しておいてすぐ作れるようにする、簡単に調理できるものを前もって買っておく、といった工夫をすることでお金を使わない日を作り出すことができます。

お弁当を持参できないならランチだけは例外にする

仕事の日にお弁当などを準備して持っていくことができない場合は、ランチ(昼食)代だけは例外として、それ以外にお金を使わないようにしましょう。ランチもいくらまでと金額を決めたり、サイドメニューや飲み物などを注文しないようにしたりすると効果的です。弁当を持っていけないの場合は、「お金を全く使わない」を「ランチ以外のお金を使わない」という目標に変えて、節約を目指します。

仕事の日が難しいなら休みの日に1日お金を使わない日を作る

仕事の日をお金をつかない日にするのがどうしても難しいのであれば、休みの日のうち1日をお金を使わない日と決めてお金を使わない日を作ることもできます。お金がかからないような休日の過ごし方をする、家で自炊をするなどに注意をすればお金を使わなくても済みます。

自宅でのインターネットの通販などもしない

お金を使わない日は、自宅でインターネットなどを利用して買い物をするのも控えます。現金で買い物をしなくても、クレジットカードなどで買い物をしていたら同じことになってしまうからです。お金を使わないと決めた日はお金を全く使わない、1円も使わないように意識するのです。

仕事の経費は例外にする

仕事で電車やバスに乗る、タクシーに乗るなどの場合で、あとで会社に経費として申請すればお金が戻ってくるような場合は、「お金を使わない」のルールに当てはまらない例外とします。あくまで、お金を使わない人は、自分の負担となるようなお金を使わないということになります。歩くのが面倒なので自腹でタクシーに乗るといったようなことをしないようにするのです。

お金を使わない日を増やしていく

お金を使わない日を作ることができたら、お金を使わない日を増やしていくと更に節約をすることができます。1週間に1日から2日、3日とお金を使わない日を増やしていくのです。状況が許せば、仕事をしている日は全くお金を使わないようにすることができる場合もあります。

仕事をしている日はお金を使わず、仕事をしていない休みの日だけお金を使うようにするとお金の管理もしやすくなりますし、節約にもなります。

反動でお金を使う日にお金を使い過ぎないようにする

お金を使わない日を作ると、反動でお金を使う日に今まで以上にお金を使ってしまうことがあります。もちろん、お金を使わない日に使わなかった金額の範囲内で抑えられていて、合計で減っていればいいのですが、使わなくなったお金よりも、多くのお金を使ってしまうことがあります。いわゆる我慢し過ぎた反動というものです。

お金を使わない日の食べ物や飲み物をお金を使う日に買って準備しておくのは良いですが、必要以上にお金を使わないように、いるもの、いらないものを意識して、必要最低限の物だけを買うように心掛けましょう。

まとめ

  • お金を使わない日を作るようにすると、小さな支出や無駄遣いをしなくなるようになるため、節約につながります。
  • お金を使わない日を作るためには、仕事の日にお弁当や水筒を持参してお金を使わないようにするか、休日にお金を使わないような過ごし方をするといった方法があります。

スポンサーリンク

【お金を使わない日を増やして節約するの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ