生活に役立つお金の情報です。

節約のためには借金をしない

記事作成日:2016年10月28日

節約のためには借金をしないことが大切です。借金をすると、元本だけでなく利息を支払う必要が出てきます。お金が必要な時に、必要なお金が無いと、借金でお金を借りることになります。計画的な家計のやりくりをすることで、不要な借金を防ぐことができます。ずさんな家計管理をしていると、借金が膨らんでしまいます。

スポンサーリンク

借金の利息は今お金を使うための手数料

借金の利息はお金を今使いたいときの手数料

借金の利息は、お金が無いけれど、今お金を使いたいという場合に、お金を貸してもらうための手数料です。お金が必要な時にお金が無いと借金をして利息を払ってお金を使うことになります。

必要な時に必要なお金があれば借金をしなくていい

必要な時にお金を準備することができれば支払う必要がないお金なのです。お金が足りなくなって借金をして利息を支払うということは大変なお金の無駄づかいなのです。

借金をすると自由になるお金が減る

借金のお世話にならなくて済む人は、利息を支払わなくていい分自由に使えるお金が増えますが、借金に頼らないとやりくりが出来なくなってしまうと、利息の分より多くのお金を支払うことになるため、自由に使えるお金が減るのです。

身の丈にあった生活をしているかどうか振り返る

身の丈に合わない生活は収支のバランスが崩れる

常に借金をしなければ生活できないような場合は、収入に見合った支出になっているか生活を振り返ってみる必要があります。いつもお金が足りないと感じるのであれば、収入と支出のバランスが崩れているので、身の丈に合った生活が出来ているか点検する必要があります。

支出が収入の範囲内に収める

支出が収入の範囲に収まっていれば、借金をする必要はないのです。しかし、少しでも良い生活がしたい、贅沢がしたい、欲しいものが抑えられないといったようなことで、支出が増えてしまうと収入を超えた生活をしてしまうことがあるのです。

身の丈に合わない生活は結局損をする

身の丈に合わない生活をしていると、借金をしてしまって利息をたくさん支払うことになるので、長い人生全体で見ると、利息で損をする分、結局生涯で自由に使えるお金が減ってしまい、生活水準が切り下がってしまうのです。

お金のやりくりに気を付ければ借金は防げる

計画的な家計のやりくりが借金を防ぐ

必要な時に必要なお金があれば、借金をする必要はありません。必要な時に必要なお金があるようにするためには、計画的に家計のお金を管理することが大切です。収入の範囲内に支出を収めること、まとまった金額の支出を予想して計画的にお金を蓄えておくこと、いざという時に備えて非常用のお金を準備しておくことによって、必要な時に必要なお金を使えるようにしておくのです。

無計画な家計管理ではお金が足りなくなる

無計画な家計管理では、しばしばお金が足りなくなります。収入の範囲内に支出を抑えることができなければ、カードローンやキャッシングでお金を借りてしまうかもしれません。計画的に教育費を準備できなければ、教育ローンや奨学金を借りなければいけなくなるかもしれません。手持ちのお金が無ければ、病気やけがで病院にいくことすら難しくなってしまうかもしれません。

家計管理をしっかりと行う

家計の管理をすることで、借金を防ぐことができるようになり、無駄な利息を支払う必要が無くなるのです。借金の利息は、お金の管理がずさんになってしまうことで発生してしまうお金なのです。家計の管理をしっかりと行うことで借金をしないようにすることが重要です。

まとめ

  • 借金をすると利息を支払わなければならず、家計に負担がかかります。借金をしないことが節約につながります。
  • 必要な時に必要なお金が無いと、借金をしてしまうことになります。計画的に家計をやりくりすることで不要な借金をしなくても済むようになります。

スポンサーリンク

【節約のためには借金をしないの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ