生活に役立つお金の知識と情報です。

節約でリバウンドしないための方法

記事作成日:2019年4月21日

節約はダイエットと同じようにリバウンドしてしまうことがあります。頑張って節約をしていても、節約を頑張り過ぎてしまって疲れやストレスがたまってしまい、ある時限界を超えてしまうと我慢の反動でお金をたくさん使ってしまうことがあるのです。

節約は使うお金をこれまでよりも減らし、お金の使い方が変わってしまうため、どうしてもストレスを感じてしまうことがあります。そのため、上手くストレスをためないように、我慢しすぎないようにしないと、ある時耐えられなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

節約の目的や目標を持つ

漠然と節約をするよりも、何のために節約するのかという目的やどれだけ節約するのかという目標を持った方が節約を続けやすくなります。目的や目標がないまま節約をしょうとすると、別に目的がないんだから節約を続けなくてもいいか、ここまで頑張らなくてもいいかと思ってしまいます。

しかし、目的や目標があれば、何のために節約しているか、どれだけ節約するかということを意識できるため、反動でリバウンドを思想になった時でも耐えやすくなります。目的や目標を持って節約していると、節約することによって将来どうなるのかを思い浮かべやすくなります。将来のために節約するんだと思えれば、節約を頑張れるはずです。

無理のない節約をする

節約には苦痛が伴うことがあります。そのため、節約のし過ぎ、やり過ぎはリバウンドを招いてしまうことがあります。最初は我慢することができた節約でも、しばらく続けていると苦痛を強く感じるようになって、もう無理だ、続けられないと思ってしまうことがあります。そうなると、一気に反動が来てしまいお金を使うようになってリバウンドが起きてしまうことがあります。

節約できるところは節約をした方が良いのですが、無理をし過ぎてしまうと続けることができなくなってしまいます。そのため、節約に慣れないうちは、節約で無理をし過ぎないことが大切です。節約を始めると最初は気合いが入っているので多少の無理もできてしまうのですが、続かなくなってしまうことが多いので、ほどほどにしておくことも大切です。大きすぎる目標よりも、達成しやすい目標です。

お金の使い方にメリハリをつける

お金が本当に足りない、借金をしなければいけない、という時にはひたすらお金を使わないようにしなければいけないこともありますが、切羽詰まっているわけでないのなら、お金を使うところには使い、節約するところは節約するというメリハリが大切になります。

ありとあらゆることを我慢するような節約をしていると、いずれ耐えられなくなってリバウンドにつながってしまうことがあります。何もかも我慢、というようにしてしまうと気持ちも重くなってしまい、節約に前向きに取り組めなくなってしまうことがあります。

お金の使いみちに優先順位をつけて、優先順位が高いものにはお金を使い、優先順位が低いものにはお金を使わないようにするということが効果的です。

節約の費用対効果を見極める

節約には大きな金額が節約できるものと小さな金額しか節約できないもの、手間がかからない節約と手間がかかる節約があります。手間がかかって小さな金額しか節約できない節約は費用対効果(コストパフォーマンス)、効率が悪いと言えます。

節約の効果が少なく、手間がかかる節約は、節約のストレスや疲れを溜めやすいため思い切ってやらないということも重要です。必死に頑張って耐えても数円しか節約できないという節約方法に自分の時間やエネルギーを使い過ぎてはいけないのです。

節約をする時は費用対効果を見極めて、できるだけ少ない手間で、できるだけ大きな金額の節約が達成できるような節約をすることが大切です。節約の手間をあまりかけなくてよいのであれば、節約のリバウンドが起きづらくなります。

使い過ぎていたお金を無駄だったと思う

節約で使わなくなったお金は、そもそも使わなくても良いお金だった、無駄なお金だったと思うように意識を変えていくことも節約のリバウンドを防ぐ良い方法となります。

節約で使わなくなったお金は我慢しているのではなく、もともと使う必要がないお金だったと考えるようにして、そんな無駄なことに使うのはもったいないと思うように気持ちを切り替えていくのです。

こんな無駄遣いをしていたんだ、と思えるようになればお金を大切に使うことができるようになるはずです。

まとめ

  • 節約を続けていると、節約が苦痛だと感じるようになり、節約を続けられなくなり、反動でお金を使い過ぎてしまう節約のリバウンドが起きてしまうことがあります。
  • 節約のリバウンドを避けるためには、節約の目的や目標を持つこと、無理がある節約をしないでできる範囲の節約をすること、お金の使い方にメリハリをつけることなどが大切です。

スポンサーリンク

【節約でリバウンドしないための方法の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ