生活に役立つお金の情報です。

節約は金額での効果や効率を意識する

記事作成日:2017年3月17日

節約をする時は、いくら節約できるのか、つまり節約金額を意識することが大切です。節約の中には時間や手間、気力がかかるのに、節約できる金額は限られるような節約、効果が低い、効率が悪い節約があります。せっかく節約を頑張っても、大した金額が節約できないと、節約の効果が実感できず、家計も楽になりません。節約をする時はいくら節約できるかを意識することが大切です。

スポンサーリンク

節約は必ず金額でどのくらい効果があるか意識する

節約をする場合には、金額で見ていくら効果があるのかということを意識しましょう。1円や10円であっても無駄にしないという気持ちは節約をする上でとても大切なものですが、1,000円や10,000円の節約ができるのに、1円や10円の節約に力を注いでいても節約としては効果が薄くなってしまいます。

節約した気持ちになる節約もありますが、実際に節約できたかどうかは金額が重要になるので、金額でみて節約効果がどれくらいあるのかを意識して節約をすることが重要になります。

もっと簡単に多くの金額を節約できるのに、時間や手間がかかる割に大した金額が節約できないような節約に力を注いでいないか考えることが大切です。

光熱費・水道代も節約効果を金額で意識する

節約では電気代・上下水道代・ガス代などの光熱費・水道料金が対象になりやすいですが、一つ一つの節約のための行動がどのくらいのお金の節約につながっているのか意識されることはなかなかありません。

電気代は電気機器に表示されている消費電力(W)から、水道は実際の水の使用量から、ガス料金はガス機器のガス消費量(kWやkcal)から節約効果を金額で推測することができます。

電気代や水道代、ガス代などは、節約としては有名ですが、1つ1つの行動の節約金額が少ない場合があるため、思ったほど家計が楽にならないことがあるため、注意が必要です。

手間の割には節約金額が少ない節約がある

節約の中には、節約のためにかかる時間や労力、気力の割に節約できる金額が少ない節約があります。手間暇かかるような節約は節約をしているという実感は湧きやすいのですが、節約できる金額が少ないため節約の効果をなかなか体感できません。

節約の効率が悪いような節約ばかり取り組んでしまうと、必死に節約しているはずなのになかなか家計が楽にならないというように感じてしまい、そのうち節約に疲れてしまいます。

節約のためにかかる手間と節約できる金額を考えて、節約の効率が悪い節約になってないかどうか確認することが重要です。節約の効率が悪い場合には、別の節約の効率が良いものから先に取り組むようにしましょう。

大金を使う時ほど節約チャンスが潜んでいる

節約を考える上では大きな金額の支払いをする時こそ節約のチャンスが潜んでいます。もちろん、小さな節約も積み重ねていくことで大きな節約効果となる場合もあるのですが、多額の支払いをする時こそ、節約効果が大きくなりやすいのです。

大金を支払うような時は無駄がないかを考えることが重要です。簡単に10万円、100万円の単位で支払いを減らすことができるのです。しかし、大金を払う時は実際に現金で支払うよりもローンなどの借金で支払うことも多く、お金を使っているという感覚が麻痺しやすいことも特徴です。1,000万円単位の買い物をする時は10万円単位や1万円単位の金額の差は気にならなくなってしまうことがあります。

しかし、大金を払う時こそ、お金を節約できるチャンスが潜んでいるのです。

節約金額が多い節約から取り組む

節約に取り組む場合には、節約をすることで家計が楽になったという実感を得ることが大切です。必死に節約を頑張っているのに、家計が楽になった感じがしないというのであれば、節約に疲れるだけでなく、家計のやりくりにも疲れてしまって、節約がすぐに嫌になってしまいます。

節約をする意味は、家計の金銭的な負担を和らげることです。そのため、どんな節約をするかは、どのくらいのお金を節約できるかで決めるべきであって、手っ取り早いものから節約するということではないのです。

節約をする時は、手を付けやすいもの、身近なものから取り組んでいく傾向がありますが、節約金額が多い節約に力を入れるようにすることが大切です。

まとめ

  • 節約には時間や手間がかかるのに大した金額を節約できない節約方法があります。
  • 時間や手間をかけて節約するなら、節約の効果、つまり節約できる金額を意識する必要があります。節約できる金額が多い節約から取り組むようにしましょう。

スポンサーリンク

【節約は金額での効果や効率を意識するの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ