生活に役立つお金の情報です。

新聞代の節約

記事作成日:2015年4月26日

新聞代の節約方法について説明しています。自宅に毎日新聞を配達してもらった場合の新聞代は比較的高額で、毎月継続的に発生し続ける支出のため地味に家計を圧迫することがあります。新聞は基本的にやめることで節約できます。家計に余裕がない場合には、新聞をやめられないか検討し、新聞を思い切って解約できないか考えてみましょう。

スポンサーリンク

新聞代について

総務省統計局の「家計調査」の2人以上の世帯の結果(2014年)によると、新聞を購入している世帯は10,000世帯当たりで6,755世帯です。およそ70%弱の世帯が新聞を取っていることになります。また、新聞を取っている世帯で換算すると1か月当たりの支出額は4,009円となっています。年間では48,111円となります。それなりに額が大きいためなくすことができると大きな節約になります。

新聞の代替方法

新聞を購読することによってニュース、テレビ番組の情報、スポーツに関する情報、その他情報が手にいられれるほか、新聞にはチラシ・広告が入ってきます。これら新聞を取ることで得られるものを代替する方法について考えてみましょう。

ニュースの代替方法

ニュースについては、最近はネット上で様々なニュースを読むことができます。無料なニュースだけであっても世の中の動きはほぼつかむことができます。また、主要なニュースはテレビのニュース番組でも報道されます。

テレビ番組の情報

昔はテレビの番組表が目的で新聞を取るというようなことは結構あったかと思います。新聞はテレビ欄しか見ていないというような感じですね。でも、ニュースと同じようにネット上でテレビ番組に関する情報を得られますし、デジタル放送化したことでテレビで番組表を表示させることができます。

スポーツに関する情報

スポーツに関する情報も最近ではネットで無料で詳細な情報を得ることができるようになりました。特に新聞でなければ困るというようなことはないと思います。

チラシ・広告

新聞は必要ないが、新聞に入っているチラシは欲しいというようなことがあると思います。チラシだけ買えないかなんてことも考える人も結構いたと思いますが、今はチラシ情報は「シュフー」などチラシ情報を提供しているサイトがたくさんあるのである程度はカバーできるかと思います。もちろん、新聞だけにしか入らない地域のチラシもあるかとは思いますが、地域の情報の重要性も昔よりは低下していると思います。最近では地域の情報に関する情報を提供するサイトも充実してきており、ネットである程度は代替可能だと思います。

必要な時だけ図書館で読む

どうしても新聞が必要な場合はその時だけ図書館などで読むという方法があります。

会社などで読む

会社などに新聞がある場合は会社で新聞を読むという方法もあります。

新聞代の節約方法

新聞の節約方法について紹介しています。最も節約効果が大きいのは新聞をやめることです。どうしてもやめられない場合は、クレジットカードでの支払いなど少しでも支出を減らす方法を考えることになります。

新聞をやめて節約

節約度:★★★★

新聞の節約方法で最も効果が大きいのはそもそもやめてしまうことです。総務省統計局の「家計調査」の2人以上の世帯の結果(2014年)によると約3割の世帯が新聞を購読していないことになりますが、新聞を取っているのであればぜひ新聞をやめる、新聞を解約することを検討してはどうでしょうか?今では新聞が無くてもそれほど困らないと思います。

夕刊をやめて節約

節約度:★

朝刊と夕刊が配達される地域では夕刊をやめることで節約になる場合があります。ただし、夕刊をやめることによる金額の変化はおそらく小さいと思われますので、あまり効果は期待できないかもしれません。

安い新聞社に変更して節約

節約度:★★

新聞社も複数あり、新聞の料金も多少異なっています。新聞社ごとによって新聞の内容には特色がありますが、新聞社にこだわりが強いわけではない場合、安い新聞社に変更することも検討しましょう。

電子版ニュースに変更して節約

節約度:★★

新聞社が新聞の電子版を提供することも増えてきました。配達と電子版の料金があまり変わらない場合もありますが、電子版だけにすると節約できる場合があります。電子版のニュースを利用することで節約になる場合は電子版への切り替えも検討しましょう。

キャンペーンを利用して節約

節約度:★

各社のキャンペーンで新聞を後続すると何かの景品がもらえたりする場合があります。あまり節約とは言えないかもしれませんが、何か得るものがあるのであればキャンペーンを利用するとお得なこともあるかもしれません。

クレジットカードの割引・還元で節約

節約度:★★

どうしても新聞をやめられない場合は、支払方法はクレジットカードにするとお得になります。クレジットカードで支払うことで、キャッシュバック、ポイント、請求時割引などを利用しましょう。1%~2%程度得をすることができます。

スポンサーリンク

【新聞代の節約の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ