生活に役立つお金の知識と情報です。

食材や日用品をその都度買い物するメリットとデメリット

記事作成日:2019年4月3日

買い物のやり方として、1週間に1回のようにまとめ買いをするのではなく、食材や日用品が必要になったらその都度こまめに買い物をする都度買いのメリットとデメリットについてです。まとめ買いと都度買いは買い物でどうやったら節約できるかということでよくメリットとデメリットが比較されます。都度買いのメリットは最低限の買い物で済むため、余分な買い物が少なく食材を無駄にしないということなどがあります。一方デメリットは買い物に時間がとられるなどがあります。

スポンサーリンク

都度買いとは

都度買いとは、食材や日用品などを必要になるたびにその都度、こまめに買い物に行くことを意味します。場合によっては毎日買い物に行く場合もあります。その都度買いの反対の意味となるのがまとめ買いで、都度買いをするのではなく、必要なものを1週間に1回などまとめて買い物をします。

都度買いのメリット

都度買いのメリットは、必要な分だけ買うため余分な買い物が少ない、食材を無駄にしない、保存場所が最低限で済む、食べ過ぎや使い過ぎを防ぎやすい、といったことなどがあります。

必要になった分だけ買うため余分な買い物が少ない・食材を無駄にしない

都度買いは必要になったらその分だけ買い物をするため無駄なものを買うことが少ないという点がメリットです。まとめ買いをするとどうしても余分に買い過ぎてしまったり、使い切れずに食材を腐らせてしまったりすることがありますが、都度買いでは余計に買い込んでしまうことが少ないのです。

先まで食事のメニューを考えなくてよく自由に変えられる

食材をまとめ買いしようとすると1週間の献立を考えて買い物をしなければいけませんが、その都度買いであれば必要なものを必要な時に買うので、先まで食事のメニューを考えて買い物をする必要はありません。また、あらかじめ決めた献立に縛られなくて済むため、食べたいと思った物を食べることが出来、何を作るか自由に変えることができます。

鮮度が高い食材を使うことができる

まとめ買いの場合は数日分の食材をまとめて購入するため、鮮度が高い食材を使えるのは買い物直後の日だけとなってしまいます。しかし、都度買いであれば鮮度が高い食材をいつでも使うことができるため、メニューの偏りを防ぐことができます。

刺身やサラダなど鮮度が高い状態で食べた方が良いものも制約なく食べることができるのです。

保存場所が最低限で済む

都度買いは必要になったものを必要になった分だけ購入するため、食材や日用品の保存場所を確保しておく必要がなく、最低限の保存スペースがあれば事足ります。大容量の冷蔵庫は必要ありませんし、冷蔵・冷凍が必要ない食材や日用品を保存しておく部屋の場所も最低限で済むため、部屋を広く使うことができます。

食べ過ぎや使い過ぎを防ぎやすい

まとめ買いをして家に多くの食材や日用品がたくさんあると、ついつい食べ過ぎてしまう、使い過ぎてしまう、ということがあります。家に何もなければ食べられませんし、使えないのですが、食べ物があるとつい食べてしまうのです。例えば、おやつやジュースは買うから食べて飲むわけですが、買わなければ食べられないし、飲めません。

その都度買いは最低限の買い物で済むため、意識すると食べ過ぎや使い過ぎを防ぎやすくなるのです。

急な予定変更に対応しやすい

食材のまとめ買いをしていると急に予定が変更になってお付き合いの外食が入ると食材を余らせてしまう場合があります。しかし、その都度買いであれば急な予定変更があっても柔軟に食材のやりくりがしやすいため、急な予定変更でも食材の無駄が少なくて済むのです。

その日に安いものを購入できる

都度買いであれば頻繁に買い物に行くことになるため、特売やセールなどでその時に安いものを購入することができます。まとめ買いの場合は特売やセールがない日に当たってしまうと恩恵を受けられませんが、その都度買いであれば何か安いものに出会える可能性があるのです。

都度買いのデメリット

都度買いのデメリットには、買い物に時間がとられてしまうこと、少量買いは割高な場合があること、買い物に行く回数が増えるため衝動買いの誘惑にかられる危険があること、などがあります。

買い物に時間を取られる

都度買いは1回1回の買い物はそれほど多くないかもしれませんが、買い物に行く回数が多くなるため、買い物に時間を取られてしまいます。

また、買い物に行って帰ってくる時間も買い物に行く回数だけかかることになるため、時間がかかります。また、何かのついでではなく、買い物のために外出する場合は外出の準備も余計にかかることになります。

平日にも買い物に行かなければいけない

都度買いをする場合は、こまめに買い物に行くことになります。場合によってはほぼ毎日買い物に行く場合もあります。そのため平日にも買い物に行くことになります。働いている人の場合は仕事の帰りなどに買い物にいくことになるため、疲れが増してしまうことがあります。

予算管理や家計管理が難しい

その都度買いは買い物の回数が増えるため1週間に1度の買い物で済むまとめ買いよりも予算管理が難しくなりがちです。また、買った商品ごとではなく、お金を使うごと、買い物のお店ごとに家計簿をつけている場合はその都度買いの方が家計簿に記入する回数が増えるため家計管理が煩雑になります。レシートの枚数も多くなってしまいます。

少量買いは割高な場合がある

都度買いは必要な分を必要なだけ購入するため、あまり大容量の物を購入しませんが、一般的に多く買えば買うほど単価は下がり、少量しか買わない場合は単価は上がる傾向があります。

そのためその都度買いで商品ごとに少量しか買わない場合、商品によっては単価が割高になってしまう場合があります。

買い物の回数が増えるため衝動買いが増える恐れがある

都度買いは買い物に行く回数が多くなるため、買い物に行った時に衝動買いやついで買いなどをしてしまう誘惑に合う回数も増えることになります。

買い物の回数が増えると、衝動買いをしてしまう可能性が高まってしまうのです。

行き帰りの交通費がかかる

買い物に行く時に、自宅から離れているため電車やバスなどの公共交通機関を利用する場合、車を利用する場合は、運賃やガソリン代などの交通費がかかってしまいます。

買い物に行く回数が多いほど交通費の負担が増えてしまうため、都度買いが不利になってしまう場合があります。

ストックが少ないため物を切らしやすくなる可能性がある

都度買いではあまり家にストック(在庫)を持たないため、食材や日用品を切らしやすくなってしまう恐れがあります。必要最低限だけ買うようにして、家でも必要最低限しか持たないということは普段は効率的なのですが、いざという時は在庫がないということで困る可能性もあるのです。

買い物に行けない時に困る可能性がある

その都度買いの場合は家に食材や日用品のストックをあまり持たないため、何らかの事情で買い物に行けない時は物が足りなくなって困ってしまうことがあります。例えば病気やけがで外出が難しい、台風や大雪で移動が難しい、流通事情が悪化しお店に商品が入荷しなくなった、などの場合は物が足りなくなってしまう可能性があります。

まとめ

  • 都度買いとは必要になった時に必要になった分だけこまめに買い物をすることで、都度買いは買い物に行く回数が多くなります。
  • 都度買いのメリットは、余分な買い物が少なくなり、食材が無駄になりづらいということがあります。デメリットは買い物に時間や手間が取られるということがあります。

スポンサーリンク

【食材や日用品をその都度買い物するメリットとデメリットの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ