生活に役立つお金の情報です。

買い物でストレス発散をしない

記事作成日:2015年5月27日

思う存分買い物をするとスカッとするかもしれませんが、無駄遣いにつながってしまうこともしばしばあります。ストレス解消の手段として買い物をしてしまうとお金を使い過ぎてしまうことがあるため、節約のためには、買い物でストレス発散をしないようにして、別の手段でストレス解消をするようにすることが大切です。

スポンサーリンク

イライラした時は・・・

「あ~イライラする。よし、買い物でもしてストレス発散しよう!」っていうような経験はありませんか?

仕事や人間関係、普通に生きているだけなのに、なにかとストレスが溜まりやすい世の中です。溜まったストレスを解消する方法は人それぞれだと思いますが、買い物でストレス解消をしていませんか?

ストレス解消の買い物は無駄遣いが多い

思いっきり買い物をするとスカッとするかもしれません。ストレスを解消するためなので、遠慮なしです。細かいことを考えることなく、気持ちがすっきりする買い物をします。

ですが、ストレス解消の買い物では、ちょっと割高なもの、必要性が小さいものを買ってしまいやすいです。買っている時は、「まぁ、いいか」と思っていても、あとから振り返ってみると、使い過ぎたなぁ、無駄遣いだったなぁと後悔することになるかもしれません。

お金がいくらあっても足らない

何かとストレスがたまりやすい世の中です。ストレス解消の方法が買い物ということになってしまうと、お金がいくらあっても足りません。ぱーっと使ってしまうのも、欲しいものを買うのも楽しいことなのかもしれませんが、限度があります。

お金を使い過ぎてしまって、家計が苦しくなってきてしまうと、別の意味でストレスになります。お金がないよりもお金があった方が心に余裕も持てます。ストレス解消をしているはずが、お金がなくてストレスを溜めてしまっては本末転倒です。

ストレス解消は他の方法で

お金には限りがありますし、ストレス解消で買い物をしてしまっていては無駄遣いが増えてしまい、家計を圧迫してしまいます。お金がなくなれば、お金がないことがストレスになります。

ストレス解消のつもりが新たなストレスを生んでいたとなれば、悲しいことです。買い物でストレスを解消するのではなくて、他のことで気分転換できるようになりましょう。

気持ちの切り替えが上手になれば、お金を使わなくてもストレスに向かい合えるようになります!

ストレス解消の名を借りてるだけかも

ストレス解消とは言いながらも、単に買いたいだけという場合もあります。物欲は限りないものですが、買いたい、欲しいという気持ちが単にストレス解消という名を借りて表に出てきているだけかもしれません。

ストレスが溜まっていなくても、買いたい、欲しいという気持ちが強いのかもしれません。その場合は、自分の物欲、買い物欲を見つめ直す必要があります。過去の買い物を振り返ってみて、役に立たないものを買わなかったか、無駄遣いをしなかったか振り返ってみるといいでしょう。

節約のためには買い物でストレス発散しない

思いっきりお金を使ったり、欲しいものを買ったりするのは大変気持ちがいいものです。しかし、買い物をストレス解消の手段にしてしまうと、お金にゆとりがなくなってきます。

すっきりできるのは買い物だけではないはずですので、節約のため買い物でストレス発散しないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

【買い物でストレス発散をしないの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ