生活に役立つお金の情報です。

怒りや苛立ちを感じる時は他の事で冷静になる

記事作成日:2015年11月30日

生活や仕事をしているとちょっとしたことで怒りや苛立ちを感じてしまうことがあります。しかし、怒りや苛立ちの原因の物事に関わり続けていると怒りや苛立ちが増幅されてしまうことがあります。怒っていたりイライラしていると冷静な判断が出来なくなり、事態を複雑にしたり、人間関係を悪化させたり、時間や気力を浪費したりしてしまいます。別のことをすることで冷静になりましょう。

スポンサーリンク

怒りや苛立ちは増幅する

怒りや苛立ちの気持ちが強くて冷静になることができず、気持ちが高ぶっている間は怒りや苛立ちの原因に関わったままだと益々怒りや苛立ちが強まってしまい、より感情を高めてしまいます。

冷静さを欠くようになり、自分の言動もエスカレートしがちです。そうなると簡単に済むはずだった物事や事態が複雑化してしまったり、言い争いやきつい言葉などにより人間関係を悪化させてしまったり、生産的でない無意味な時間を過ごしてしまったり、怒りやイライラで気力を削がれてしまったりします。

特に事態が複雑化したり、人間関係が悪化したりすると、挽回するために更に時間や労力が必要になるという悪循環に陥る可能性が高くなります。

原因から遠ざかり冷静になる

怒りや苛立ちの原因から遠ざかれる状況であれば、関わったままだと状況が悪くなってしまう可能性がありますので、なるべく早く遠ざかるようにして一度距離を置くようにしましょう。感情が落ち着いて来れば、冷静な判断ができるようになりますし、怒りや苛立ちを行き過ぎていたと思えるようになるかもしれません。

別の関係ないことを始めたり、他の関係ない人と話したり、全く違うことに意識を向けるようにして、怒りやイライラの気持ちからいったん離れるようにするのです。

一晩寝れば気にならなくなることも

何かに対して強い怒りや苛立ちを感じていたとしても、時間が経ったり、別のことで忙しくなったりすると、いつの間にか気にならなくなってしまうことがあります。怒りや苛立ちがあまりに強く、他の事をしようとしても感情が高ぶってしまっている場合には、いっそのことすべて忘れて寝てしまうという手もあります。

一晩寝れば、怒りやイライラを感じていたことでも気にならなくなっていることもあります。一度気分転換を図ることで違った見方ができるようになったり、冷静に向かい合うことができるようになったりします。

まとめ

  • 怒りや苛立ちを感じている時はそのままでいると事態や人間関係を悪化させる可能性があるので、原因から遠ざかれる時はすぐに遠ざかり別のことで気分転換しましょう。
  • 怒りや苛立ちが治まらない時でも、一晩寝るとケロッと気にならなくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

【怒りや苛立ちを感じる時は他の事で冷静になるの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ