生活に役立つお金の情報です。

愚痴や文句よりもどうしたら良いか考える

記事作成日:2015年11月11日

人生うまくいくことばかりではありません。上手くいかないこと、思い通りにならないこともたくさんあります。そんな時はついつい愚痴や文句を言ってしまいますが、愚痴や文句を言っていても何も状況は良くなりません。愚痴や文句を言うことに時間を使うのではなく、どうしたら良くなるか考える方が有益です。

スポンサーリンク

愚痴や文句を言っても何も良くならない

愚痴や文句を言っているだけでは、普通は状況が改善しません。愚痴や文句を言われた人が代わりに動いてくれるほどのお人よしであれば別ですが、愚痴や文句で嘆くだけで行動を伴わなければ自分にとって好ましくない状況が良くなることはありません。愚痴や文句を言っている時間がただ過ぎていくだけだからです。

単に不満を感じているだけでは時間がもったいないですし、ストレスも溜まっていってしまい良くありません。

どうしたら良くなるか考える

愚痴や文句を言っているくらいならば、どうしたら良くなるか考える方が自分にとってプラスになります。ほとんどの物事は放置していても、勝手に良くなることないからです。

ただ不満を感じて愚痴や文句を言っているよりも、どうすれば今よりも良くなるかを考える方が時間を無駄にしなくて済みます。愚痴や文句を言うのではなく、自分が行動を起こすことで状況を好転させられれば自分の人生がより良い方向に向かっていきます。

愚痴や文句を言うと思考が止まることも

愚痴や文句を言っているとすっきりするように感じることがあるかもしれません。また、他人に愚痴や文句を共感してもらうことで自分の気持ちが慰められるかもしれません。似たような不満を感じている人であれば、意気投合することだってあるかもしれません。同じ不満を抱えている人同士で愚痴や文句を言い合えばある種の心地よさを感じることがあります。しかし、共感してくれる人がいることで、愚痴や文句を言うことで満足してしまい、思考が停止してしまうこともあります。

いわゆる傷の舐め合いになってしまい、不満を吐き出すだけの時間を過ごしてしまうことになります。

愚痴や文句は人間関係を悪くすることも

愚痴や文句に共感する人ばかりではありません。愚痴や文句を聞かされている人は、付き合いで愚痴や文句を聞いていてくれていても、そのうち愚痴や文句にうんざりしてしまうかもしれません。会うたびに愚痴や文句ばかり聞かされている人はいずれ去っていってしまうかもしれません。自分が愚痴や文句ばかり聞く状況を想像してみて、楽しくないなと感じるのであれば人にも同じようなことをしなくなると思います。

愚痴や文句ばかりを言っていると人間関係が悪くなってしまうこともあるので注意しましょう。

まとめ

  • 思い通りにいかないこと、上手くいかないことがあると、不満を感じ愚痴や文句を言いたくなってしまうかもしれません。しかし、愚痴や文句を言っていても、行動を起こさなければ状況は改善しません。
  • 愚痴や文句を言うよりも、どうしたら今よりも状況を良くできるか考えることで事態を好転できる可能性があります。

スポンサーリンク

【愚痴や文句よりもどうしたら良いか考えるの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ