生活に役立つお金の情報です。

効率よく行動して二度手間を無くす

記事作成日:2015年6月1日

買い物に行った時に必要なものを買い忘れてまた買いに行かなければならなかったというような経験はありませんか?一度で済むことを二度手間になってしまうと時間も労力ももったいないです。行き当たりばったりに行動していると、やり残してしまうことが増えて二度手間が増えてしまいます。計画的に行動することで二度手間を減らすことができれば時間の節約につながります。

スポンサーリンク

計画的に買い物をする

買い物に行く場合には、何が必要なのかをしっかりと調べて買い忘れがないように気を付けることが大切です。必要なものを買い忘れてしまったとなると、何か代用品はないかと探したり、再度買い物にいったりしなければいけないのでとても非効率です。

調味料などの場合は、何がどれくらい残っているのか、あと何日使えそうか、次に買い物をするのはいつ頃かなどを考えて、買い物を何度もしなくていいように、買い物を計画的に行うことが大切です。

在庫をしっかり把握する

計画的に買い物をするためには、何が必要で、何が余っているかということを普段から把握しやすくしておくことが重要です。特に食品などでは残っているものを意識している人が多いですが、洗剤などの日用品などでも在庫を把握しておくと買い物の時に買い忘れてしまったり、何個も間違えて買ってしまったりすることがなくなります。在庫はしっかりと把握しましょう。

サイズや型番を確認しておく

収納や家具、家電製品などを買いに行く場合には、事前に置き場所のサイズを確認しておかないと、サイズが分からないということでまた出直しということになってしまう場合があり、二度手間になります。時間がすごくもったいないです。

家電製品の消耗品などを買う場合も製品の型番や仕様などをしっかりと確認しておかないと、どの商品がぴったり合うのか分からず、出直しということになります。

何かを買いに行くときは二度手間にならなくていいようサイズなど必要な情報をしっかりと確認しましょう。

用事はまとめて済ます

外出時などに何か用事がある時は近くでできることがあればまとめて済ましてしまうことで時間を節約できます。別の用事で何度も同じ場所に出向くのは時間の無駄です。通り道などで用事をまとめて済ませることができるような場合はなるべく用事はまとめて済ませてしまいましょう。

人との打ち合わせは入念に

何かを人と一緒に行う場合には、お互いに思っていることや考えていることに違いはないかしっかりと話し合いましょう。お互いの考えがずれたままだと、こんなはずじゃなかった!となってしまい、やり直しというようなことになりかねません。

仕事の場合でもそうです。依頼された内容をよく確認しておかないと、「そういうことじゃないのに!」となってしまって一からやり直しになってしまいます。二度手間を防ぐために、人と何かをする時はお互いに思っていることがずれていないか、しっかりと話し合いましょう。誤解は怖いです。

スポンサーリンク

【効率よく行動して二度手間を無くすの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ