生活に役立つお金の情報です。

上手くいかない時は一旦離れて時間を置く

記事作成日:2016年1月28日

物事が上手くいかなくなってしまった時には、いったんそのことから離れて、ちょっと時間をおいてみることが大切です。上手くいかないまま、無理して続けてしまうと、悪い結果を招くことがあるほか、時間を浪費してしまうことがあるからです。いったん離れることで客観的、冷静にできるようになることがあり、かえって上手く進めることができる場合があります。

スポンサーリンク

行き詰った時は無理しない

何か物事を進めていて、どうしていいか分からなくなったり、考えがまとまらなかったり、何をしたらいいか悩んだり、途方に暮れてしまったりすることがあります。そのような時に無理して続けようとすると、考え方が偏ってしまって、狭い視野でしか物事をとらえることができなくなり、気づくべきことも気づけなくなってしまいます。また、考え悩むあまり時間を浪費してしまうことがあります。

いったん間を置くことで上手くいくことがある

上手くいかない時や行き詰った時は、ちょっとそのことから離れることも重要です。いったん別の事を考えてみたり、時間を置いてみたりして、再び取り組んでみると、新しい発見や別の解決策が見つかることもあります。難しそうに思えたことが、実はそうでもないかもと感じることもあります。

気持ちが乗らない時は気分転換しよう

気持ちが落ち込んでしまっていたり、やる気が出なかったり、飽きてしまったり、集中できなかったりするときは、そのまま続けてもなかなかうまくいきません。能率が上がらないまま延々と続けるくらいなら、いったん休憩して気分転換をすることで上手くできるようになることがあります。気分転換には様々な方法がありますが、気持ちが落ち着かない原因から離れて別の事をするということが基本です。自分なりの気分転換のやり方を見つけておくといいでしょう。

普段と違う気持ちでは冷静な判断ができない

普段と違う精神状態、落ち込んでいたり、悩んでいたり、イライラしていたり、焦っていたりするような時には、冷静な判断ができなくなります。いつもとは違った気持ちの時にそのまま物事を勧めようとすると、普段ではしないような判断をしてしまって取り返しがつかないような大きなトラブルを引き起こしてしまうことさえあります。もし、自分が普段と違う気持ちになっていると感じたら、落ち着けるように手を休めたり、気分転換をしたりするようにしましょう。

すっきりしている時の方が上手くできる

気持ちが落ち着いている時、頭の中がすっきりしている時、悩んでいない時の方が物事はうまく進めることができます。行き詰ったまま頑張ろうとするよりも、気持ちを切り替えて取り組んだ方が効率的で、時間を上手に使うことができます。

まとめ

  • 物事に行き詰ったらそのまま続けるのではなく、いったん離れることでかえって上手く進めることができる場合があります。
  • 普段と違う気持ちで続けてしまうと、見落としや判断ミスをしてしまいやすいので注意しましょう。

スポンサーリンク

【上手くいかない時は一旦離れて時間を置くの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ