生活に役立つお金の情報です。

時間にルーズな性格を改善する方法

記事作成日:2016年2月3日

なぜか待ち合わせに遅れてしまう、約束の時間に着くことができない、みんなを待たせてしまうというようなことはありませんか?時間にルーズな性格を改善する方法について説明しています。時間にルーズな場合、行動の仕方や時間に対する意識が薄い場合や相手を待たせてもいいと思っているような場合があります。

スポンサーリンク

前もって準備をする

直前に準備を始めたけれど、準備に予想以上に時間がかかって遅刻してしまうことがあります。時間にルーズになってしまっている場合には、前もって準備するようにしましょう。特に手間がかかることを直前にしてはいけません。前もってできることは全てしておきましょう。

逆算して行動や出発の時間を決める

待ち合わせの時間だけを意識していると、出かける準備を始める時間や家を出る時間がなんとなく間に合いそうな時間になってしまいますが、ちゃんと計算しておかないと遅刻してしまいます。待ち合わせの時間から準備や移動の時間を考えて、何時から出かける準備をすればいいか、何時に出発すればいいか意識して行動しましょう。

時間にゆとりを持たせる

待ち合わせ時間ぴったりにつくのではなく、10分から15分くらい余裕を持たせて行動しましょう。時間に余裕を持たせていれば多少想定外の出来事が起きでも遅刻せずに済む場合があります。また、電車などで移動する場合は電車を待っている時間や乗り換え時間、駅の中を移動する時間などを考えて行動時間に余裕を持たせておきましょう。

行動パターンを変える場合にはちょっと変えるより大胆に変えてしまった方が効果がある場合があります。電車を1本早くするよりも3本、4本早くしてしまった方がショック療法になるかもしれません。

相手の時間を奪っていると意識する

自分が待ち合わせに遅刻するということは、待ち合わせている人から待たせている分の時間を奪っていることになります。人生で時間は有限で誰にとっても貴重なものです。人の時間を奪ってしまっている人はやがて周りの人から大切に扱われなくなってしまうと強く意識して、相手の時間を奪ってしまわないように気を付けましょう。

早く着くことの気持ち良さを心に刻む

約束の時間よりも早く着くことの気持ち良さを覚えることで、時間にルーズな性格を変えることができる場合があります。遅刻してしまって気まずい思いをしたり、焦ったり、申し訳ない気持ちになったりするより、早く着くことで気まずい思いをしたり、焦ったり、申し訳ない気持ちになったりする必要がなく、気持ちが良いことを体感するのです。

相手を無意識に軽んじてないか考える

相手の事を重要視していない場合、尊重していない場合、待たせてもいい相手だと思っている場合など、相手の事を意識的あるいは無意識的に軽んじている場合には、遅刻をすることへの心理的な抵抗感が薄れます。もし同じ相手に遅刻を繰り返している場合には、相手の事を尊重していない可能性があります。人間関係としてそれでよいのか自問自答しましょう。

信用されなくなることを意識する

時間を守らず、時間にルーズな人は信用されなくなります。相手はそれほど気にしていないような雰囲気であっても内心は違う気持ちかもしれません。時間を守れないような人は、他の約束も守ることができない、信用することができないと思われてしまう可能性があります。信用されなくなることを意識して、時間を守るようにしましょう。

相手が時間にルーズだった場合

友人、恋人、職場の同僚など自分ではなく待ち合わせ相手が時間にルーズだった場合はどうでしょうか。遅刻を繰り返すような人は、自分との関係を重視していない可能性があります。かなり深刻なのであれば、遅刻を繰り返す相手に自分の時間を奪っているので時間は守ってほしいということをやんわりと伝えられないか試みます。

言い出せないような場合、言っても効果がない場合には、その人間関係を続けて良いのか真剣に考えましょう。時間を守る人から見れば、時間にルーズな人は許容できない場合があります。自分も一緒に遅れてしまえばいいのですが、非生産的な関係になってしまう可能性があります。

まとめ

  • 時間にルーズな場合は、行動の仕方に問題がある場合と、待ち合わせ相手を大切にしていない場合があります。
  • 行動に問題がある場合は、待ち合わせ時間から逆算して何時までに家を出なければけないかを時間に余裕を持たせて考えましょう。時間にルーズな行動は、待ち合わせ相手の貴重な時間を奪っているということを意識しましょう。

スポンサーリンク

【時間にルーズな性格を改善する方法の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ