生活に役立つお金の情報です。

ミスを防ぐことが時間の節約に

記事作成日:2015年12月1日

時間を節約するために重要なことの1つに不注意によるミスを防ぐということがあります。不注意でミスをするとミスを取り返すために膨大な時間が必要になることがあるからです。ミスをしないように事前にちょっと手間をかけておけば済むような場合には、ミスを防ぐことに時間を割くことが時間の節約のために重要になります。

スポンサーリンク

ミスを防ぐための時間<ミスをカバーする時間

例外はありますが多くの場合、ミスを防ぐための時間よりもミスをカバーするための時間の方が長くなります。重大な間違いや手違いをしてしまうと手続きをやり直したり、関係者に謝罪したり、他の予定にも影響したりするなど時間や労力を消耗してしまいます。しかし、重大なミスはほんのちょっとした心がけや注意で防げることも多いのです。ミスを防ぐためにほんの少しの時間を割いて気を付けるだけで、ミスをして時間を浪費してしまうことを防ぐことができるのです。

ただし、ミスをした時のダメージが少ないことや、ミスを防ぐために膨大な時間や労力が必要なことは、ミスをカバーする時間よりもミスを防ぐための時間が上回ることもあります。そのため、ミスを防ぐためにどこまでこだわるかはバランス感覚も必要です。

ちょっとの手間で防げるミスは防ぐ

面倒だからと十分確認をしなかったり、深く考えなかったり、十分に事前の準備をしなかったりすることでミスは発生します。しかし、一見遠回りだったり、面倒だったり思えることでも、ちょっと手間をかけるだけで不注意によるミスを大きく減らすことができます。仕事でも日常生活でも同じですが、ちょっと手間をかけることで防げるミスは多くあります。実際にミスをしてしまってから後悔するくらいなら、事前にちょっと時間をかけてミスを防ぐようにしましょう。

なお、手間をかけてミスを事前に防ぐようになるとミスを実感し後悔する機会が減るため、ミスを防ぐための時間の大切さを徐々に軽視するようになるかもしれません。しかし、何事もない、平穏であることこそ貴重なことだということを忘れないようにしましょう。

同じミスは繰り返さない

仕事でも日常生活でも似たようなミスを繰り返してしまうことがあります。同じようなミスは繰り返すたびに周りの視線も痛く感じるようになってきてしまいますし、生真面目な人は気持ちが落ち込んでしまいます。同じようなミスは繰り返さないようにすることが大切です。

ミスは、ミスを誘発するような原因があるので、どうしてミスをしてしまうのか、ミスをした時は冷静に振り返って考えてみることが必要です。そうすると、似たような状況でミスをすることを防げるようになります。

ミスするリスクを予測する

物事にはミスを起こしやすいこととミスを起こしにくいことがあります。時間が足りなかった、落ち着いてできなかった、焦っている、確認不足だった、能力が足りなかった、油断していてた、疲れていた、集中できなかった、複雑な手順だったなどミスがしやすくなる要因があります。自分の性格によってもミスをしやすい状況とミスをしにくい状況があると思います。

自分の性格や状況を判断して、ミスをする可能性が高いことだと思う時は慎重に取り組むことが大切です。ミスをしやすいことだと感じた場合には、十分に時間をかけたり、念入りに確認したり、下調べをしっかりとしたり、邪魔されないような環境で行ったり、メモやリストなどを見ながらしたりするなど工夫することでミスをすることを防ぐことができます。

まとめ

  • ミスを防ぐための時間よりも、ミスをカバーする時間の方が長くなる傾向があるので、ちょっと時間をかけてミスを防ぐことで時間や労力を節約できます。
  • ミスはちょっとした手間で防ぐことができることも多く、少しの時間をかければ防げるミスは防ぐようにしましょう。また、同じミスを繰り返さないようにミスの原因を振り返ったり、自分がミスをしやすい状況を理解することが大切です。

スポンサーリンク

【ミスを防ぐことが時間の節約にの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ