生活に役立つお金の情報です。

マイナスの気持ちをプラスに変える

記事作成日:2015年7月8日

マイナスの気持ちを抱えたままイライラしたり、悩んだり、悲しんだりしていても状況は何も変わりません。何かを変えたいと思ったなら自分から行動するしかありません。マイナスの感情を抱えたまま立ち止まっていては時間がもったいないです。

マイナスの気持ちをプラスの方向に変えることで、立ち止まっている時間を減らすことができ、自分の貴重な人生の時間を有効に使うことができます。

スポンサーリンク

他人に対するマイナスの感情

社会で生きていくと自分の思う通りにならないこともたくさんあり、時として他人に対して反感を持ってしまったり、イライラしてしまったり、憎しみを感じてしまったりすることがあります。

しかし、ひどいと思うような人のことで自分がイライラしたり思い悩んでしまうと、自分が嫌な気持ちにさせられただけでなく、時間まで奪われて2重の被害になってしまいます。気持ちを切り替えてどうしたら状況を良くできるかを考えましょう。

仕事でひどい人がいる

例えば仕事を例に考えてみます。自分の失敗は部下がやったことにして、部下の成果は自分のものにしてしまうような上司がいたとします。とても腹立たしくてそんな人の下で働いていたら常に嫌な気分になってしまうでしょう。かと言って、同僚や友人に愚痴っていても何も変わりません。

まずはどう立ち振る舞えば自分への被害が及ばないか、上手くやり過ごせるかを考えたほうが自分のためになります。また余程酷い状況であれば然るべき立場の人に相談して改善を図るということも考えられます。ただし、波風を立てること自体が更に状況を悪化させる可能性もあります。

更にどうしようもない状況であれば、異動の希望を出したり、転職したりするなど、状況をどうやったら変えられるかを考えて行動した方が自分のためになります。見返してみせる!という気持ちに変えたほうが楽しい人生になります。

恋愛で付き合ってた人からの酷い仕打ち

恋愛を例に考えてみます。付き合っていた人から別の人を好きになってしまったからと別れたいと告げられたとします。とてもひどいことですから、腹が立って復讐をしなければ気が済まないという考えになってしまう人もいると思いますし、自分のどこがいけなかったんだろうと自分を責めて落ち込んでしまう人もいると思います。

しかし、そんな誠意がない人のことで腹を立てたり、悲しんだりしていること自体が本当はもったいない時間なのです。マイナスの気持ちを抱えるよりも、もっと別のいい人を探そう、そんなひどい人と別れられてよかった、付き合っている人を悲しませるような人のことで思い悩むのはもったいない、というように気持ちを切り替えたほうが人生も良い方向に動いていきます。

何か月も引きずっていては貴重な人生の時間がもったいないです。

自分に対するマイナスの感情

自分に対してもマイナスの感情を抱えてしまうことがあります。例えば仕事が上手くいかない、人間付き合いが上手くできない、資格の勉強がはかどらない、無駄遣いばかりしてしまうなど、自分が至らないことで思い悩んでしまったり、自分を責めてしまったりすることがあります。厳しい現実を目の前にして、頑張ることを諦めてしまいそうになることだってあるかもしれません。

しかし、どんなに思い悩んだって、自分から行動しない限り、現実を変えていくことはできません。生きていくうちに辛いこともたくさんありますが、自分が乗り越えていかないといけないのです。

仕事が上手くいかず上司に怒られる

仕事が上手くいかずに上司に怒られてばかりいて、仕事が憂鬱になっているような場合を想像してみてください。落ち込んだり、嫌だなと思っていると、注意力不足でますます仕事でミスをしてしまったり、成果をあげられなかったりして、更に上司に怒られてしまい悪循環にはまってしまう可能性があります。

上手くいかないことにイライラしてしまったり、落ち込んでしまったりするのは仕方ないのですが、いつまでもマイナスの気持ちを抱えたままではなかなか事態は好転しません。

何がいけないのか、どうしたら上手くいくのかを冷静に見つめ直す必要があります。

多額の借金を抱え込んでしまう

クレジットカードやカードローンなどでお金を使い過ぎてしまい多額の借金を抱え込んでしまった場合を例にしてみます。使い過ぎてしまったことは反省しなければいけませんが、もうだめだと思っているだけでは本当に状況が悪化するだけになってしまいます。

思い悩んでいてもどうにもならないのですから、どうしたら今の状況を良くできるか、今の自分には何ができるのかを考えましょう。返せるような額でないなら債務整理をするために専門家に相談をしに行くべきですし、返済できそうなら家計改善に取り組み収入を上げることや支出を減らすことに全力を尽くすべきです。

ただ多額の借金を抱えて茫然としていても何も変わらないので、気持ちを切り替えて前に進んでいくべきです。

マイナスの感情をプラスに変える

マイナスの気持ちをすぐにプラスに変えられれば苦労はしないのですがなかなかそうはいきません。

他人に対してマイナスの気持ちを抱いている場合には、他人に対して過度な期待をせずそういう人なんだと割り切るということと、自分に良い影響を与えない人に対して時間を使うことがとてももったいないことなんだということを強く意識することで、他人へのマイナスの気持ちを和らげることができます。

自分に対してマイナスの気持ちを抱いている場合には、イライラしたり、諦めてしまったりしても何かが変わるわけではなく、未来を変えていくためには自分が行動するしかないんだということを心の中に強く思うことで前に気持ちを向けやすくなります。

まとめ

  • 自分や他人にマイナスの感情を抱えたまま立ち止まってしまっては人生の貴重な時間を失ってしまいます。
  • マイナスの気持ちをプラスに向けて行動に移せるよう、自分の中で考え方や見方を変えることが大切です。

スポンサーリンク

【マイナスの気持ちをプラスに変えるの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ