生活に役立つお金の情報です。

他人にどう思われてるか気にしない

記事作成日:2015年11月29日

恋愛や仕事で思い悩んでしまうことの1つに、他人にどう思われてるか気にしすぎてしまうということがあります。しかし、他人からどう思われているかを気にしすぎてしまうと精神的に疲れてしまいますし、自分の思い込みから周りの人のことを誤解をしてしまうことがあります。そして思い悩んでいる時間ももったいないです。

スポンサーリンク

仕事で他人からの評価を気にしすぎてしまう

仕事で他人からどう思われているかを気にしすぎてしまうと、変にプレッシャーを感じてしまったり、極度に失敗を恐れてしまったり、背伸びをし過ぎてしまったりするなど、精神的に緊張した状態が続いてしまい、冷静な判断が出来なくなってしまうことがあります。つまらないミスを繰り返してしまったり、努力が空回りしてしまったり、完璧主義に陥ってスピードが犠牲になってしまったり、無知を恥じて相談や報告をためらったりしてしまうようになります。

しかし、他人にどう思われていても、結局やるべきことをやるしかないわけですし、他人からの評価は後からついてくるものなので、変に周囲からの期待を意識しすぎてしまうのではなく、担当している仕事をきちんと取り組むことに集中するようにしましょう。

恋愛で相手がどう思っているか悩み過ぎてしまう

恋愛でも相手からどう思われているかということはとても気になるものです。恋愛はお互いが仲良くなっていく過程も含めて素晴らしい体験だと思いますが、思い悩み過ぎてしまって自分を追い込んでしまったり、ただただ時間や気力を浪費してしまったりすることがあるので注意が必要です。

相手の一挙手一投足、細かい言動や行動を観察し、自分に対して交換を持っているかいないかといったことを考え込み過ぎてしまうと、相手は特に何も思っていないのに誤解してしまったり、嫌われてていると思い込んで落ち込んでしまったりすることがあります。

特に恋愛では、気持ちが高揚しているあまり、些細なきっかけから誤解やすれ違いが起こりやすくなっています。相手の言葉を誤解して全く逆の意味で捉えてしまうようなことさえあります。

思い悩むのもほどほどにしておかないと、時間や気力を無駄にしてしまったり、誤解から関係を悪化させてしまったりすることもあるので、気にしすぎないようにすることも大切です。結局どう思われているかに関わらず、良い関係を構築していくために努力をしていくことには変わりありませんので、前向きな気持ちで向き合うようにしましょう。

見栄を張ってしまうことになる

他人にどう思われているかを気にしすぎてしまうと、見栄を張ってしまいやすくなります。自分を少しでも良く見せようとして背伸びをしてしまい、様々なものにお金と時間をつぎ込んでしまうようになってしまいます。

他人に良く思われたいという気持ちが行き過ぎてしまうと、空回りをしてしまうことになりますし、自分を良く見せようとしても、実力が備わっていなければ化けの皮が剥がれてしまうものです。嘘をつくことになってしまうかもしれません。他人に悪く思われない、良く思われることは人間関係を円滑に進める上で大切ですが、行き過ぎてしまうと良くありません。

人の気持ちは分からないこともある

他人への心配りや気遣いはとても大切なことですが、人にどう思われているかということを気にしすぎてしまって、あることないこと勝手に想像してしまって他人の気持ちを誤解してしまうということがあります。当の本人は深い意味を持って言ったことでなくても深刻にとらえてしまったり、特に意味のない動作を深読みしてしまって誤解してしまったり、他人からどう思われているかを気にしてしまうあまり、想像を膨らませ過ぎてしまうことがあります。

人が自分の事をどう思っているかということを考えすぎてしまうと、誤解してしまうこともありますし、他人の気持ちは分かろうと思っても分からないこともあります。分からないこともあるんだというくらいの軽い気持ちで考えすぎない方が、かえって上手くいく場合もあります。

まとめ

  • 他人にどう思われているかを気にしすぎてしまうと時間を無駄にしたり、労力を使ってしまったりしてしまいます。
  • 他人にどう思われているかは気にしすぎないようにして、現状をどうやって良くしていくかということに意識を向けるようにしましょう。

スポンサーリンク

【他人にどう思われてるか気にしないの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ