生活に役立つお金の情報です。

予定時刻ぎりぎりで行動せず時間にゆとりを持たせる

記事作成日:2016年3月1日

時間を有効活用するということは、予定にぎりぎり間に合うように行動するということではありません。予定にぎりぎりに間に合うようなスケジュールを立てて行動すると、時間を有意義に使えず、結果的に時間を有効活用できなくなってしまうことが多いです。予定は時間にゆとりをもって行動することがとても重要です。

スポンサーリンク

時間にゆとりを持って行動するメリット

時間にゆとりを持って行動することは様々なメリットがあります。デメリットは強いて言えばゆとりの分だけ時間をかけなければいけない事ですが、デメリットと言えるほどのものではなく、メリットの方が多いです。

心にゆとりを持って備えられる

時間ぎりぎりで予定に間に合わせようとすると、電車やタクシーなどの交通手段が遅延した場合、遅刻をしてしまう可能性があり焦ってしまうことがあります。しかし、時間にゆとりを持たせていれば、ゆとりを持って予定に間に合わせることができます。動揺することなく落ち着いて到着できます。

遊びに行く待ち合わせ以外の場合で、例えば仕事の会議や打ち合わせではできる限り心のゆとりを持って臨みたいものです。焦っていたり、心の準備ができなかったりすると、上手く振る舞えない可能性があります。時間にゆとりを持つことで、予定を意義のあるものに出来て、結果的に時間を有効活用できることになります。

事前に人と交流できる

知らない人がたくさんいるような外部の打ち合わせや会議などでは予定時間よりも前に行くことによって、その場の人と名刺交換をしたり、ちょっとした立ち話などをすることができます。また、知っている人がいる場合にも挨拶や立ち話をすることができます。他の人の考えや意見を聞けたり、場の雰囲気を感じ取ることができたりするので非常に有益です。

もし、外部の打ち合わせや会議などに時間ぎりぎりに行ってしまうと、挨拶などをすることは難しくなりますし、名刺交換時に話が弾むということもなくなってしまいます。

遅刻しないで済む

予定時間のぎりぎりではなく、時間にゆとりを見ておくと多少のトラブルがあっても遅刻しなくて済みます。

相手を待たせなくなる

交通事情などやむを得ないようなトラブルでも、相手を待たせてしまうことは避けたいもので、やむを得ない事情であっても遅刻をすると相手の感情を害することがあります。遅刻しないようになれば相手を待たせることは無くなり、自分が時間泥棒になることは無くなります。

時間を守る人だと信頼される

常に遅刻をしないように行動していれば、時間を守る人だというように周りに思われるようになります。そうなると相手も簡単には遅刻できなくなることが多いです。逆に時間にルーズな人だと思われていると、相手が時間通り来ないなら自分も時間通りじゃなくてもいいやとなってしまい、予定時刻通りに始まることが無くなってしまいます。

次の予定への影響を防げる

予定通りに行動できないと、次の予定にも影響を与えることがあります。典型的なものが電車や飛行機の時間ですが、乗り過ごしてしまうと次の予定に間に合わなくなってしまうことがあります。会議などでも参加者が揃うまで待っている場合があり開始時刻がずれると終了時刻もずれることがあります。

遅刻しないように行動していれば、その次の予定への影響が出ることを防ぐことができます。

ゆとりを持って行動することで時間を有意義に使える

予定時刻ぎりぎりではなく、時間にゆとりを持って行動することで、予定を有意義に過ごすことができます。予定の前後で多少時間を多めに使ってしまうかもしれませんが、予定そのものが上手くいかなければもっと時間を無駄にしてしまいます。ゆとりを持って行動することが、結果的に時間を有効活用することになるのです。

まとめ

  • 予定は時間ぎりぎりではなくゆとりを持って行動するようにしましょう。
  • 時間にゆとりがあれば、遅刻をすることがなくなり、予定に心にゆとりをもって臨むことができます。

スポンサーリンク

【予定時刻ぎりぎりで行動せず時間にゆとりを持たせるの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ