生活に役立つお金の情報です。

生活を変えたいときは時間の使い方を見直そう

記事作成日:2015年11月23日

自分の生活や行動、大げさに言えば人生を変えたいときは時間の使い方を見直すことが大切です。時間を使うということは、時間が限られている人生でそのことに時間を投資しているということになります。時間の配分を見直すことは行動を変えるということに他ならず、人生で力を割くことを変えるということになります。

スポンサーリンク

時間の使い方は生活や行動に大きく影響する

時間の使い方は人それぞれです。時間には重要な特徴があってどうやったって1日は24時間ということです。お金持ちであってもお金を持っていなくても、仕事で上手くいっていても上手くいってなくても、幸せでもそうでなくても、24時間は平等です。そして、人間には寿命があるので人生で使える時間は限られています。

時間を何に使うかということはまさにその人が何に自分の時間を使っているかということを意味していて、時間の使い方によって生活や行動は変わってきます。

また、人生にとっても何に時間を使うかということは大切です。何に時間を使って来たかによって人生は大きく変化します。仕事なのか、家族なのか、趣味なのか、バランスをとるのか、様々な使い方があります。

生活や行動を変えたい、人生を変えたいと思う時は、時間の使い方を見直してみましょう。

起きる時間を見直す

時間の使い方を見直すときに重要になるのは、何時から何時まで活動するかということです。手っ取り早く時間の使い方を変えるのであれば、朝早く起きるという方法があります。

良く言われることですが、通勤・通勤や家事の前の朝の時間は自分の時間として使いやすいことから、朝早く起きることによってやりたいことができる時間を作ることができます。

また、職場に人が少なく、電話がかかってくることがほとんどない朝早く仕事を始めることで、仕事の効率が上がる場合があります。ただし、全体の労働時間が伸びてしまうと疲れや睡眠不足から効率が落ちることもあります。

睡眠時間を見直す

意外と重要なのが睡眠時間です。時間の有効活用というと、寝る時間を削ってしまう人も多いのですが、毎日10時間以上寝ていた人ならともかく、ほとんどの人にとっては睡眠時間を削ると逆の効果が出てきてしまいます。

睡眠時間は、人間が生物として活動していくために必要な時間です。研究によって必要な睡眠時間については様々な意見があるようで、人によっても違うようですが、最低でも6時間、できれば7~8時間は確保しないと日常生活に何らかの影響を及ぼすのではないかというようにみられています。

特に仕事でイライラしたり、落ち着かなかったり、感情が安定しなかったり、注意力が散漫になったり、疲れが取れなかったりするなど何らかの身体的精神的な不調がある場合には睡眠時間を増やしてみると良いのではないでしょうか。

睡眠時間を確保するためには寝る時間を決めて、寝る時間に向けて夜の行動を逆算してこなしていくということがあります。仕事から帰ってくる時間も早める必要がある場合もあります。

仕事をする時間を見直す

仕事に対する考え方は人それぞれですが、仕事をする時間を見直すということも人生を変える一つの方法です。とはいえ、単純に長時間労働をすればいいとか、早く帰ればいいという問題でもありません。自分の人生の目標や置かれた状況によって最も望ましい時間配分をすべきです。

例えば、仕事が楽しくて仕方がなくてもっと成果が挙げられそうな場合は自然と仕事をしている時間が伸びるかもしれません。ただしどちらかといえば、仕事を自分でコントロールできる経営者や自営業者に強くあてはまるのであって、他律的に労働時間が決まる通常の会社員にとっては自分の意思で労働時間を長くしない方が良い場合があります。また、育児などをしていて家族との時間を作りたい場合には仕事をする時間を抑制するということが考えられます。また、起業や独立をしたい、副業をしたいという場合には、本業とは別の時間で、仕事の時間を増やすことも考えられます。

人生で働いている時間は40年から50年前後ありますので仕事への時間配分は人生にとって重要です。

家族との時間を見直す

家族との時間も人生にとって重要です。人間は歳をとっていきますが、今という時間は今しか巡り合えないのです。例えば子供が小さい時に仕事で忙しくて起きている時間の姿をほとんど見られないということがあります。しかし、子供はどんどん成長していくので小さい時の我が子はその時にしか出会えないものなのです。

人生の一瞬一瞬がかけがえのない大切なものということを意識しながら、家族との時間も大切にすることで人生を彩ることができます。家族との時間は短いよりも長い方が家族との関係を良好に保ちやすくなります。もちろん恋人や配偶者、子供に限らず、両親や祖父母、親戚などの家族との関係も重要です。家族との関係は難しいものですが、悪い関係よりも良い関係の方が人生にとってはプラスになることが多いです。

趣味の時間を見直す

趣味の時間も人生を彩る重要な時間です。仕事ばかりで気分転換をしたいという場合には、意図的に趣味など自分の時間を作ってみることで人生が変わる場合があります。今はインターネットが発達していて同じ趣味を持っている人と活動したり交流したりすることも容易なので、趣味などの時間を通じて交友関係が広がる場合もあります。

仕事以外の時間を作ることで、自分の気持ちにゆとりが出てきます。仕事一筋だった人が定年退職をきっかけに突然燃え尽きてしまって家族の中でも孤立してしまうということもあるようです。家族との時間や趣味の時間についても良く考えておきましょう。

スキマ時間の使い方を見直す

通勤・通学や移動時間などスキマ時間を有効活用することで生活や行動を変えることができる場合があります。ほんの数分、十数分であったとしても、積み重なることにより膨大な時間となります。

スキマ時間をただぼーっと過ごしたり、安らぐ時間にしたりすることも大切ですが、有効活用することができれば新しいことを始められる可能性があります。よくあるのが、知見を広めるための読書やスキルアップなどのための勉強です。もちろん、仕事をすることもできますし、副業のようなことをすることもできます。

ただし、適度な息抜きの時間も重要なので、気負いすぎないようにすることも大切です。

まとめ

  • 時間の使い方は生活や行動、人生に影響します。時間の使い方を見直すことで人生を変えていくことができます。
  • 時間の使い方を変えるには、仕事や家族、趣味、睡眠などの時間配分を見直す方法やスキマ時間を有効活用する方法があります。

スポンサーリンク

【生活を変えたいときは時間の使い方を見直そうの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ