生活に役立つお金の情報です。

貯金と借金はお金を使う時期を調整する方法

記事作成日:2018年4月4日

貯金と借金は人生においてお金を使う時期を調整する方法です。貯金は今お金を使わないで、将来使えるお金を増やす方法です。借金は、金利によって利息という負担は発生しますが、将来使えるお金を減らす代わりに、今使えるお金を増やす方法です。貯金と借金は、時期によって変動する収入額や貯金額と支出額の過不足を調整し、人生でお金が必要な時に、必要なお金を用意するための方法です。漫然とするのではなく、計画的に貯金と借金を考える必要があります。

スポンサーリンク

借金は人生でお金を使う時期を前倒しに調整する方法

いつお金を使うかに絡む重要な問題に借金があります。借金は金利の分だけ利息を多く支払わなければいけないという問題の他に将来使えるお金を前借りするという側面があります。奨学金、教育ローン、住宅ローンは特にそのような側面が強いです。

現代の人間の社会では年を重ねることに年収が増えやすい傾向があるため、若い頃は収入や貯金が少なく、年を取っていくと収入や貯金が多くなります。つまり、就職してから定年や退職をするまでの働き盛りの人生の期間の前半と後半では収入や貯金に差があるのです。

この差を埋める方法の1つが借金で、借金をすると将来返済をする代わりに、今お金を使うことができます。つまり、将来の自分のお金を前借りして今使うのです。

例えば住宅ローンは、若いうちは住宅を購入するだけのお金が容易できないため、お金を借りることで住宅が購入できるようになります。人生の早い時期でお金が貯まっていなくても、住宅が買えるようになり、今の幸せを追求できるのです。

長い人生において、収入や貯金が多い時期と少ない時期に使えるお金を調整する借金という方法は、適度に行えば便利なのですが、高い金利で借りてしまうか、借り過ぎてしまうかして、人生を破滅させてしまう危険もあります。

借金は人生でお金を使う時期を前倒しにする方法で、便利でもあるはずなのですが、金利があるため利息という形で前借りした手数料を支払わなければいけないことが特徴です。

貯金は人生でお金を使う時期を将来に調整する方法

逆に、貯金は今得たお金を使わないで将来に取っておくことなので、お金を使う時期を将来に調整する方法であると言えます。そのため、貯金、お金を貯めること自体を目的とするのではなく、何に使うのかを考えてお金を貯めるべきなのです。

今、お金の使いみちが特にない場合、将来お金を使いたい目的がある場合には、お金を貯めて必要になった時にお金を使えるようにするのです。例えば、定年退職などによって仕事を辞めると収入が年金だけとなることが多く、収入が減少してしまうため、貯金によって人生の後半にお金を使えるようにするのです。

もちろん、自分だけの人生ととらえないで、自分ではなく、自分の子どもや孫のためであれば自分が使わないまま遺産として残すことも考え方の1つです。

貯金は、貯めたお金を運用することによって、預金の利息を得られたり、株式の値上がり益や配当金を得られたりするなど、お金を増やすことができるということが特徴です。

人生でいつどのくらいお金が必要なのかを理解して計画する

何気なく貯金をしたり、計画のないまま借金をしたりしているかもしれません。しかし、貯金や借金は人生でお金を使うタイミング・時期を調整する方法であるため、人生でいつお金が必要なのか、ライフイベント(人生の重要なイベント)やライフプラン(人生のお金の計画)を踏まえながら、お金が必要なタイミングを理解して行うべきなのです。

計画的に貯金や借金をすることで、人生でお金が制約となる場面を減らし、より望む人生を送りやすくなるのです。

まとめ

  • 貯金と借金は、お金を使う時期を調整する方法です。貯金は今使うお金を減らす代わりに、将来使えるお金を増やす方法です。借金は利息負担がありますが、将来使えるお金を減らす代わりに、今使えるお金を増やす方法です。
  • 貯金と借金を計画的に行うことによって、人生の時期によって必要なお金が変わることに対応できるようになり、お金が制約となってできないことを減らすことができます。

スポンサーリンク

【貯金と借金はお金を使う時期を調整する方法の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ