生活に役立つお金の情報です。

他人や社会のためにお金を使う

記事作成日:2015年12月9日

お金持ちは他人や社会のためにお金を使うことがあります。人によって動機は様々なものだと思いますが、お金があると他人や社会のためにお金を使うことができるようになります。誰かのためにお金を使うと、使ったお金は巡り巡っていずれ自分にもプラスの影響があります。また、他人や社会のためにお金を使うことで精神的にも満たされます。

スポンサーリンク

巡り巡って自分のためになる

情けは人の為ならずという言葉がありますが、他人に情けをかけることで直接的あるいは間接的にであっても巡り巡って自分に返ってくるものなので、自分のためにも人に情けをかけようということを言っています。

お互いが足を引っ張り合う社会よりも、お互いが助け合って協力し合う社会の方が幸せな社会だと思いますし、経済的にも豊かになりやすいのではないでしょうか。

他人に対して暖かな気持ちで接すれば同じように返してもらえることが多いですし、冷たく接すれば同じように返されることが多いのです。

精神的に満たされる

他人や社会のためにお金を使うことは、自分自身にとって誇らしいことであって、精神的な満足度を高めることにもつながります。良いことをすると、気持ちが良くなるのであって、人生が幸せで豊かになる可能性が高まります。

他人や社会のためにお金を使って誰かの役に立つということは単なる自己満足だと言われてしまうかもしれません。しかし、自己満足だって、人の役に立っているのは事実ですし、お金を使って自己の満足が得られるなら有益な使い方だといえます。誰かを非難したり攻撃したりしているよりも、誰かのために貢献している方が心が暖まると思います。

労力ではなくお金を提供しても助けになる

人助けというとボランティア活動が思い浮かびます。困っている人に労力を提供することはとても尊いことです。しかし、労力ではなく、お金を提供することも素晴らしい人助けです。

例え起業をしようとする人に投資目的でお金を出資したり、貸したりする場合で自分が利益を得ることが目的であっても、起業をする人にとっては助かりますし、経済が活発になれば社会全体にも貢献できます。そして巡り巡って自分にも何らかのプラスの影響があるのです。

お金があるとできることが増える

何かを成し遂げようとするのであればお金は重要です。お金があるほどできることは増えます。より多額のお金があるのであれば、より大きなことができるようになります。

お金が無くても誰かのために何かができるのですが、お金がないよりもお金があった方がより誰かのために役に立てる可能性が高まるのです。

単に貢ぐということではない

ただし、単に誰かにお金か物を貢げばいいということでもありません。無駄な浪費や贅沢をしてもらうためにお金をあげるということではありません。もちろん、プレゼントなどを他人に送ることも他人のためにお金を使うことではありますが、単純に物欲を満たすような使い方ではなく、心から感謝してもらえるような、喜んでもらえるような、意義がある使い方が大切です。

まとめ

  • お金があると他人や社会のためにお金を使うことができます。お金があるほど色々なことができるようになります。
  • 誰かのためにお金を使うと、巡り巡っていずれ自分にもプラスの影響があります。また、精神的にも満たされます。

スポンサーリンク

【他人や社会のためにお金を使うの記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ