生活に役立つお金の情報です。

お金を上手に使うには何に使うかといつ使うかが重要

記事作成日:2018年4月4日

人が一生の間に手にするお金には限りがあります。もちろん、様々な努力によって手に入れられるお金を増やすことはできます。しかし無尽蔵にお金を手に入れられるわけではありません。そのため上手にお金をつかうためには、何にお金を使うかが大切になります。そして、人生のどの時期にどれくらいお金を使うかが大切となります。人生の必要な時期に必要なだけお金を使えるようにすることが上手にお金を使うことでもあります。

スポンサーリンク

お金を何に使うか何に使わないか

お金を上手に使ているかどうかは、自分にとって本当に大事・大切なものや必要なものにお金を使い、無駄なものや必要のないものにはお金を使わないということが徹底できているかどうかです。つまり、お金を使う目的がはっきりしているかどうかということです。

何かにお金を使うということは何かにお金を使わないこと

人生で手に入れられるお金、一生で使えるお金には限りがあります。お金をほとんど無限に使える人も世の中には存在しますが、大多数の人はそうではありません。そのため、限りがある人生で手に入るお金を何に使っていくかということはとても大切なのです。何かお金を使うものを選ぶということは、お金を使わないものを選ぶということでもあります。

お金を使うものを選ぶには自分の基準が必要

お金の使いみちを厳選して、お金を使うものを選択し、お金を集中させて使うということですが、大事なもの、必要なものにお金を使うためには、何が大事なのか、必要なのかという基準が必要になります。

生きていく上で何を大切にするのか、どんな夢や目標を実現したいのか、そのためには何が自分に必要なのかを考えて、お金を使うものを見極める必要があるのです。

お金を使う基準がないと散財してしまい後悔する危険性

生きていく上で、何にお金を使うのか、何を自分は人生で重視するのかということが分かっていないと、何となくお金を使ってしまい、後からあんなことにお金を使うんじゃなかった、と後悔してしまうことになります。

お金を使うべきものが分かっていれば、お金を使うべきでないものにはお金を使わなくなるのです。お金を何に使うかという基準は、お金で後悔しないために重要なのです。

お金がないことでできないことを人生から減らす

人生においてはお金がないとできないこともあります。しかし、お金が制約になってやりたいことができない状態が続いてしまうと、自分が思ったような生き方を実現できなくなってしまいます。

欲しいものが買えないということだけでなく、お金がないから結婚できない、お金がないから子どもが持てない、お金がないから子どもを大学に通わせられない、お金がないから十分な医療行為を受けられないといったようなことになりかねません。

お金がないことでできないことをなるべく人生から減らしてくことで、幸せを追求できるようになるのです。そのためには、使えるお金に限りがある中で、できる限り必要がないもの、無駄なものにはお金を使わないようにするのです。

いつお金を使うのか・今お金を使ってもいいのか

人生のいつにお金を使うかということも大切な問題です。お金を使うタイミングが上手に判断できないと、必要な時にお金がないということになってしまいます。

また、過度に保守的、守銭奴、ケチになってしまって、本当にお金を使うべき時に使わないで、使い時を逃してしまうこともあります。

将来の備えも必要ですが今を楽しむことも大切

人生では将来のために蓄えをすることも大切ですが、今この瞬間を大切にして楽しむ、豊かに過ごすということも大切です。

ずっと我慢したままお金を使わないでいて、年を取って体の自由がきかなくなってからお金を使おうとしても、できることには限界があります。

お金をタイミングよく使うには計画(ライフプラン)が必要

お金をいつ使うのかの判断を上手に行うためには、人生の重要なイベント(ライフイベント)を見越した人生の金銭面での計画(ライフプラン)が必要となります。

いつ、いくらお金が必要になるのかが分からなければ、いつお金を使っていいかわかりません。また、ある程度計画を立てないと、お金を使い過ぎてしまったり、使う時期を逃してしまったりしていまい、上手にお金を使えなくなってしまいます。

人生の必要な時期に必要なお金があるように

人生にはお金がたくさん必要な時期とそうでない時期の波があります。子どもの教育など特定の時期に使わないと意味がないようなお金の使いみちがあります。

お金が必要な時期に、必要なだけのお金が準備されていて使える状態となっているようにすることが、お金を上手に使うということでもあります。

貯金と借金でお金を使う時期をずらせる

お金を貯める貯金は、今使えるお金を減らし将来使えるお金を増やす方法です。一方、お金を借りる借金は、金利があるため利息という手数料負担が発生しますが、将来使えるお金を減らし今使えるお金を増やす方法です。住宅ローンなどの借金は上手に使えば人生の幸福度を上げることに役立つ場合があります。

まとめ

  • 人が一生の間に使えるお金には限りがあります。そのため、何にお金を使い、何にお金を使わないかということがお金を上手に使うためには重要になります。
  • また、人生ではお金がたくさん必要な時期とそうでない時期がある一方、収入・貯金が多い時期と少ない時期があり、お金がある時期と必要な時期が一致しないことがあります。そのため、お金をいつ使うのか、いつ使わないのかもお金を上手に使うために重要です。

スポンサーリンク

【お金を上手に使うには何に使うかといつ使うかが重要の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ