生活に役立つお金の知識と情報です。

出世のメリットとデメリット

記事作成日:2019年3月29日

出世のメリットとデメリットについてです。出世をしたい、出世をしたくないということが話題となることがありますが、出世をする最大のメリットは給料が上がるため、人生で自由に使えるお金が増えることです。また仕事の裁量が大きくなり仕事のやりがいを感じやすくなることがあります。一方、デメリットは、責任が重くなる、周りの見る目が厳しくなる、仕事上の付き合いを断りづらくなる、会社に縛られやすくなるなどがあります。

会社によって出世のメリットが大きい場合、デメリットが大きい場合があるため、会社の上の立場の人の様子を良く見極めることが大切です。

スポンサーリンク

出世のメリット

出世の最大のメリットは給料が上がることです。生涯賃金が増えるため、人生で自由になるお金が増えます。加えて今までとは違った経験を積むことができるため自分の成長につながります。また、感じ方や性格などにもよりますが立場が高まるため、精神的に楽になる場合があります。

給料が上がる

出世の最大のメリットは給料が上がることです。出世によって、毎月の給料、賞与、退職金などが増える、受けられる福利厚生の内容が充実するといった金銭的なメリットがあります。

出世をしない場合と比べると出世をする場合は生涯賃金が増えるため、人生で自由になるお金が増えるのです。

経験を積むことができ自分の成長につながる

地位が人を作る、立場が人を育てるというような言葉があります。人が責任がある地位や役職に就くことで相応の実力を発揮する、というような意味ですが、人は出世したことによって地位や役職に相応しいふるまいをしようと努力するため、出世するは成長につながる可能性があります。

また、今までとは違った立場で、重い責任を負うこと、性質が異なった仕事を担当すること、組織を動かすことによっても経験を積むことができます。

仕事上の裁量が大きくなる

出世をすると責任が重くなる一方、通常は権限も大きくなります。出世をすると仕事上の裁量が大きくなり、仕事で自分の意見を反映させやすくなる、自分のやり方を通しやすくなるのです。

自分の創意工夫の余地が広がるため、仕事に対する意欲を高めることができますし、努力を成果に結びつけやすくなります。仕事の裁量が小さいと仕事がやりづらい、窮屈だと感じることもありますが、出世をすると仕事を進めやすくなることがあるのです。仕事のやりがいを感じられるようにもなります。

立場が上になり自信になる・精神的に満たされる

出世をすることによって地位や役職が高まるため、自分の中で精神的に満たされる、自信になるということは見逃せない出世のメリットです。会社内での立場が高くなるため、精神的に楽になる部分があるのです。もちろん、出世によるプレッシャーによって逆につらくなる場合もあります。

出世をしないと同期や後輩と比べて会社内での地位や立場が低くなることがありますが、出世が遅れるよりは出世した方が変な精神的なわだかまりを感じなくて済むことがあります。

組織を動かせるようになる

出世をすることによって自分が担当する組織、部下ができるため、組織を動かして仕事をすることができるようになります。

自分一人ではなかなかできなかったことを部下に割り振って進めることができるようになるため、より大きな仕事ができるようになります。

また、仕事を上手く割り振って任せることができれば、仕事量を組織全体で調整することができるようになります。

社会的な地位が高まる

出世をすると、常務、部長、課長、係長、主任といった役職名がつけられることになり、社会的な地位が高まることになります。会社内で地位が高いのはもちろんですが、会社外でも役職が付いていると聞こえが良いため、社会的な地位があるとみなされるようになるのです。

出世しているかどうかは金融機関などで融資を受ける際の信用にも影響します。年齢が同じであれば、平社員よりも部長の方が収入が多いと判断され、融資を受けやすくなると考えられます。

出世のデメリット

出世のデメリットは、仕事上の責任が重くなる、部下の面倒を見なければいけなくなる、周りの見る目が厳しくなる、仕事上の付き合いを断りづらくなる、会社に縛られやすくなる、などがあります。

仕事上の責任が重くなる

出世をするとそれまでの地位や立場よりも求められるものが大きくなります。仕事では今までよりも大きな成果を出さなければいけなくなりますし、自分が担当する組織で何か問題が発生した場合は自分が最終的な責任を取らなければいけなくなることがあります。出世をすると仕事上の責任が重くなるのです。

部下の面倒を見なければいけなくなる

出世をして管理職になると自分自身の仕事だけではなく、部下の仕事の面倒を見なければいけなくなります。自分の仕事ができるだけでなく、部下の仕事の成果が上がるようにしなければいけなくなるのです。

部下に仕事を割り振る、部下に仕事の指示や指導をする、組織の目標管理をする、職場の人間関係に配慮するなど性質が異なる仕事が増えるのです。

上と下の板挟みの状態になる

社長など最終的な経営の責任者でない限り、誰か上司は存在しているため、上からの指示に従わなければならず、下からは突き上げられてしまう板挟みの状態に陥ることがしばしばあります。

上司の意向を優先しすぎると部下が付いてこなくなってしまいますし、部下に配慮しすぎると成果を上げられない場合もあります。

周りの見る目が厳しくなる

出世をして管理職などになると周りの見る目も厳しくなってきます。管理職としてふさわしい振る舞いができないと周りからの信用を失ってしまいます。同じような同僚の立場であれば許せたような振る舞いも上司がすると反発を買ってしまうこともあるのです。

部下に不満を持たれるようになると、突き上げを受けたり、悪口などの良くない評判を流されたりしてしまうこともあります。

仕事のお付き合いを断りづらくなる

出世をすると、会社での仕事上のお付き合いを断りづらくなります。仕事が終わった後だけでなく、休日に仕事の接待を行わなければいけなくなることもあります。

会社の社風にもよりますが、滅私奉公を風潮がある会社では、仕事を優先せざるを得ず、個人の時間や家族との時間を犠牲にしなければいけない場合も出てきます。

有給休暇を取りづらくなったり、早く帰りづらくなったりすることもあります。

会社の意向に背きづらくなる・会社に縛られる

出世をすると会社の意向に背きづらくなっていきます。会社の言うことを聞かないと出世コースから外れてしまう可能性があるため、会社に従うようになっていくのです。より会社に縛られやすくなっていくのです。

自分の意向に反することや、倫理的に問題があると思うことでも、会社の指示だからと納得して受け入れてしまうようなことが起きてしまうのです。会社の意向に反するような意見を言いづらくなってしまうことがあります。

自分が積極的に指示を出さなければいけなくなる

出世をすると自分自身が考えて指示を出し組織を動かしていかなければいけなくなります。言われたこと、指示を受けたことを淡々と処理すればよいという立場ではなくなるのです。

そのため、受け身的な人は出世をすると仕事のやり方の変化に戸惑うことがあります。

管理監督者に該当すると残業代がもらえなくなる

出世して管理職となった場合で、労働基準法上の管理監督者(監督若しくは管理の地位にある者労働基準法第41条第2号))に該当すると、労働基準法上の労働時間の規制を受けなくなります。そのため、時間外労働の制限がなくなるほか、残業代が支払われなくなるのです。

もちろん、出世した場合でも管理監督者に該当しない場合もあり、出世をすると必ず残業代がなくなるという訳ではありません。

参考:出世したくない場合

出世したくないと感じる理由と出世を目指すべきかの判断基準

まとめ

  • 出世のメリットは、給料が上がること、仕事の裁量が大きくなること、経験となり自分の成長につながること、などが挙げられます。
  • 出世のデメリットは、仕事の責任が重くなること、周りの見る目が厳しくなること、会社に縛られやすくなること、などが挙げられます。

スポンサーリンク

【出世のメリットとデメリットの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ