生活に役立つお金の情報です。

対物賠償保険とは

記事作成日:2015年6月29日
最終更新日:2017年5月1日

自動車保険の対物賠償保険についてです。対物賠償保険とは、自動車事故によって他人の財物を損壊させてしまったことによって、法律上の損害賠償責任を負った場合に支払われる保険です。対物賠償保険は、高額の賠償責任に備えるため、保険金額は無制限としておくことが望ましいと考えられます。保険金額を超える金額の損害が出てしまっては加入する意味が薄れてしまうからです。

スポンサーリンク

対物賠償保険とは

対物賠償保険とは、自動車事故によって他人の財物を損壊させてしまったことによって、法律上の損害賠償責任を負った場合に支払われる保険です。

対物賠償保険の保険金額

対物賠償保険の保険金額は無制限とすることが多くなっています。自動車事故でお店を損壊させてしまうと休業補償が高額となるケースがあり、1億円を超える損害賠償責任を負ってしまう事例もあるからです。1,000万円、5000万円、1億円などのように上限を設定できる対物賠償保険もあります。

おすすめの対物賠償保険の保険金額は?

自動車事故の内容によっては、対物賠償においても高額の賠償責任を負う可能性があります。他人への賠償責任ではいざという時にもちゃんと支払えないと困りますので、無制限にすべきです。

また、上限を設定した場合と比べて無制限でもそれほど大きく保険料が上がらないことが多いので、是非無制限で加入しましょう。

免責金額を設定できる場合も

対物賠償保険では免責金額を設定できる場合もあります。免責金額は5万円、といったように設定できます。例えば免責金額を5万円と設定すると10万円の損害に対しては10万円-5万円=5万円が支払われます。

免責金額を設定すると保険料が下がります。特に等級が低いなどの理由で保険料が高額となっている時に少しでも保険料を抑えたい場合は免責金額を設定することでどのくらい保険料を抑えることができるのか確認してみるのもいいでしょう。

対物賠償保険は自分の過失分が支払われる

対物賠償保険で支払われるのは損害額のうち自分の過失部分に相当する金額です。例えば1000万円の損害が発生していて自分の過失割合が40%の場合は1000万円×40%=400万円が対物賠償保険から支払われます。残った600万円は相手側の負担になります。

直接的な損害と間接的な損害を補償

自動車事故で他人の財物を損壊させてしまった場合、損壊させてしまった財物の直接的な損害額と、財物が壊れてしまったことで間接的に発生する損害が対物賠償保険で補償されます。

営業用の車両にぶつかって壊してしまった場合、車両が破損してしまった直接的な損害と、営業車を利用できないことによる逸失利益などの間接的な損害が補償されます。

お店に車が突っ込んでしまった場合、お店が損傷してしまったことによる直接的な損害と、営業できなくなってしまうことによる逸失利益などの間接的な損害が補償されます。

つまり、壊してしまった物に対する補償以外に、休業補償なども支払われることになります。

示談交渉費用や争訟費用も補償

保険会社の同意を得るなど条件がありますが、示談交渉費用や争訟費用、訴訟による遅延損害金などの費用も補償対象となります。

保険金が支払われない場合

次のような場合には対物賠償保険から保険金が支払われません。

  • 保険契約者や被保険者の故意による損害
  • 戦争、外国の武力行使、革命、内乱、武装反乱や暴動による損害
  • 地震、噴火、津波による損害
  • 台風、洪水、高潮による損害
  • 核燃料物質や放射能汚染などによる損害
  • 競技や曲技のため使用したことによる損害

自分や一定の家族の損害は対象外

対物賠償保険では自分や一定の家族に生じた損害には保険金が支払われません。自分の家で車庫入れに失敗して車庫の塀や自宅の一部を損傷してしまった場合や、配偶者の車にぶつけてしまった場合などは支払いの対象とはなりません。

具体的には通常次のような人の損害は対象外とされています。

  • 記名被保険者
  • 契約車両の運転者とその父母、配偶者、子
  • 被保険者とその父母、配偶者、子

対物賠償では慰謝料はなし

対物賠償保険では対人賠償保険と異なり、物に対する賠償なので慰謝料が原則としてありません。

ペットは対物賠償で補償

自動車事故でペットを負傷させてしまった場合は、人ではないため物の扱いとなり対人賠償保険ではなく、対物賠償保険から支払いが行われることになります。

対物賠償保険の補償は時価まで

対物賠償保険による保障は原則として時価相当額となります。そのため、年数が経過している自動車を損傷させてしまった場合、時価が低くなっている一方、修理費が時価を超えてしまうような場合も考えられます。その場合は対物超過修理費用補償特約を付けることで補償される場合があります。詳しくは対物超過修理費用補償特約とはで説明しています。

自賠責保険には対物賠償はない

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)には対物賠償がありません。対人賠償保険では自賠責保険から支払われる分が保険金から差し引かれますが、対物賠償保険では自賠責保険は関係ありません。

まとめ

  • 対物賠償保険は、自動車事故で相手の財物に損害が生じた場合に保険金が支払われます。
  • 対物賠償保険は、高額の賠償責任に備えるため、保険金額は無制限としましょう。

スポンサーリンク

【対物賠償保険とはの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ