生活に役立つお金の情報です。

主要な通話アプリの料金を比較

記事作成日:2015年10月1日

2015年9月現在の主要な通話アプリ等の基本料金や固定電話・携帯電話宛の通話料金について比較しています。携帯の通話料を安くするためには、050番号のIP電話、プレフィックス方式の通話、番号がないIP電話を利用するという方法があります。基本的には無料通話ができない場合に使うと考えられますが、上手に使うと節約になります。

スポンサーリンク

主要な通話アプリ等の料金を比較

050番号のIP電話の料金を比較

データ通信で音声をパケットにして送ります。データ通信を行うため、データ通信速度が遅いと快適な通話ができません。多くのサービスでは基本料金が必要ですが、一部基本料金が不要なものもあります。

通話アプリ等の基本料金と通話料金(税込)
サービス名基本料金通話料
固定電話宛携帯電話宛
050plus324円3分 8.64円1分 17.28円
IP-Phone SMART0円30秒 8.64円30秒 8.64円
LaLaCall108円3分 8.64円1分 19.44円
G-Call050302.4円3分 8.64円1分 17.28円
050free:050IP電話発信0円3分 8.64円30秒 5.94円

(備考)ユニバーサルサービス料金が別途かかる場合があります。PHSや050IP電話への通話料は異なる場合があります。基本料金は割引サービスを受けられる場合もあります。

プレフィックス方式の料金を比較

プレフィックス方式とは相手の電話番号の前に電話会社固有の番号を付けることでその電話会社の回線を使って通話を行う方式です。携帯電話版のマイラインといった感じです。アプリを通じて電話をかけると自動的に固有番号を付けて通話してくれるものがあります。音声通話がベースになっていますので通話品質は良好とされています。各社基本料金は徴収していませんが、050番号のIP電話と比較すると通話料がやや高めです。

通話アプリ等の基本料金と通話料金(税込)
サービス名基本料金通話料
固定電話宛携帯電話宛
楽天電話0円30秒 10.8円
みおふぉんダイアル0円30秒 10.8円
G-call0円30秒 10円
050free:電話回線発信0円6秒 2円

(備考)通話料には非課税となっているものがあります。

番号がないIP電話の料金を比較

050番号のIP電話と同様にデータ通信で音声をパケットにして送ります。データ通信を行うため、データ通信速度が遅いと快適な通話ができません。料金体系には使う都度料金をチャージする方式と、月単位(30日単位)で料金を支払う方式がありますが、ここでは使う都度チャージする方式についての料金を記載しています。月単位(30日単位)で料金を支払う方式の方が通話料は安めです。

通話アプリ等の基本料金と通話料金
サービス名基本料金通話料
固定電話宛携帯電話宛
Skype
Skypeクレジット
0円1分 2.26円
+接続料2.26円
1分 10.81円
+接続料8.75円
Line out
コールクレジット
0円1分 3円1分 14円

(備考)SkypeとLine outには上記とは別にそれぞれ月額プラン、30日プランがあり通話料金が異なっています。PHSへの通話料は異なる場合があります。

各方式の特徴やメリット・デメリットについて

携帯電話の通話料を安くするための方法には、050番号のIP電話を利用する方法、プレフィックス方式の通話を利用する方法、番号の割り当てがないIP電話を利用する方法、無料通話アプリを利用する方法があります。それぞれの方法の特徴や、メリット・デメリットの比較などは、携帯電話代の節約(6)割安な通話方法で説明していますので、よろしければご確認ください。

通話アプリの選び方

通話アプリはお得なので活用を

何かと料金が高額となりやすい携帯電話(スマートフォン)では通話料を抑えることは重要です。通話料定額を利用した方が割安になるほど通話をたくさんしない限りは、何もしないまま使っているよりも、通話アプリを利用した方が通話料が安くなる場合が多いです。家族間の通話など、通話アプリを使わない方が安い通話もあるため、注意が必要ですが通話料を抑えるために通話アプリは積極的に活用した方がいいでしょう。

通話が少なければ基本料金が0円のものを

携帯電話から電話をかけることが少ない場合には、基本料金が0円のものを選んだ方が良いでしょう。通話が安くなった分よりも、基本料金の負担分が増えた分損をしてしまうことすらあります。

通話が多ければ通話料が安いものを

携帯電話から電話をかけることが多い場合には、基本料金が発生しても通話料が安くなる分で補うことができるため、通話料金が安いものを中心に検討するとよいでしょう。

運営会社の信頼性も考慮する

通話アプリのサービスを提供している会社の信頼性にも注意しましょう。あまり迅速なサポートが期待できないような会社では、不具合やトラブルがあった時に苦労する可能性があります。

まとめ

  • 携帯電話で通話料金を安くするアプリはお得なので積極的に使いましょう。
  • 通話アプリを選ぶ際には、通話が少なければ基本料金が0円のものを、通話が多ければ通話料金が安いものを選びましょう。ただし、サービス提供会社の信頼性には気を付けましょう。

スポンサーリンク

【主要な通話アプリ等の料金を比較の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ