生活に役立つお金の情報です。

お金を借りる前や借りる時に気を付けること

記事作成日:2015年12月28日

やむを得ずお金を借りなければいけない時もあるかもしれません。借金はなるべくしない方が良いのですが、どうしてもしなければいけないような場合もあるかもしれません。やむを得ずお金を借りる場合には、お金を借りる前にしっかりと返済していけるのか冷静に検討し、借りる時には借入金額を最小限に抑えなるべく金利が低いものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

本当に必要な借金かよく考える

まず、本当に必要な借金なのかよく考えることが重要です。どうしても買いたいものがあるといったような場合には、今すぐ必要な物なのか、借金をしてまで必要な物なのかよく考えることが大切です。クレジットカードでのショッピングで分割払いやリボ払い、ボーナス払いであっても同じです。1回払いでも払える当てがないなら、あとで分割払いやリボ払いにしてしまう場合もあるので注意が必要です。

生活資金などの借金の場合は家計の収支が崩れていないか、生活水準を上げすぎていないかなどよく見直すことが大切です。お金が足りない状態が続くのであれば、家計の大幅な見直しが必要です。

公的な支援や借入が利用できないか検討する

お金の用途次第では公的な支援や借り入れが利用できる場合もあるため、選択肢の1つとして検討しましょう。そもそも生活が苦しいような場合には生活保護も選択肢に入れた方がいいでしょう。

低所得者世帯や障害者世帯、高齢者世帯を対象とした生活福祉資金貸付制度がありますし、生活福祉資金貸付制度の対象とならないような場合でも自治体では金融機関と提携して低金利の融資を行っている場合など公的な融資を受けられるがあります。公的な融資は低金利のものが多いので、民間のキャッシングやカードローンよりもかなり有利な条件で借りられる場合が多いです。

借り入れは最低限にとどめる

出来れば借金自体は避けたいものですが、どうしても借金をしなければならない時は借入金額を最低限に抑えられるように努力をしましょう。借金をしないでお金を準備できないか手を尽くし、可能な限り借りる金額を抑えるようにしましょう。お金を準備する方法は「お金がない時にお金を用意する方法」で詳しく説明しています。

ただし、借金の返済が滞らないように、万が一に備えた非常用のお金も少しは必要となります。全く備えがないとちょっとしたトラブルの際に返済不能となってしまい、不利益を受ける可能性があるからです。

金利がなるべく低くなるように借りる

借金をする時はなるべく借入金利が低くなるように借り入れをしましょう。金利は低ければ低いほど返済が楽になりますので、公的な融資も含めて、融資サービスを比較して金利が低い借り入れを選ぶようにしましょう。高い金利の怖さを知っておくことが重要です。

借入金利がどのように決まるか知っておく

低い金利を選ぶことが重要ですが、借入金利は変動するのかどうか、固定なのかどうか、変動する場合はどのようなルールで決まるのかを知っておくことも大切です。変動金利なのに変わることを知らないと、返済計画が狂ってしまうこともあります。

金利が同じときは各種サービスの充実度合いを比較する

借入金利が同じときは、返済に関するサービスの充実度合いやサービスの便利さなども比較しましょう。返済期日は自分の毎月の給料日と比べて近いか離れているかということも重要です。

口座引き落としの場合で給料を受け取る口座と返済する口座を分けている場合や、口座引き落とし以外の返済方法の場合には給料日の直後に返済期日があると時間的余裕がなくて不便です。また、繰り上げ返済をコンビニのATMでも気軽にできるような場合と、電話で連絡してから口座に振り込むような場合があり、便利さに違いがある場合があります。会社によってはウェブサイトで確認できる情報量やウェブサイトで行える手続きに違いがある場合もあります。

返済できるかどうかしっかり考える

実際に借り入れる前に、借金をする金額、金利で本当に返済することができるかどうかもう一度考えましょう。無理のない返済計画になっているか、収入が急に落ち込む心配はないか、続けられないような節約が前提となっていないかなど、見直しましょう。

借金をする時には家計の見直しを行い、収支を改善することは重要ですが、ぎりぎりの返済計画であったり、実現できないような節約を前提としたりすると、最初のうちは何とかなってもそのうち上手くいかなくなってしまうため注意が必要です。

まとめ

  • お金を借りる前に本当に必要な借金なのかよく考えましょう。お金を借りるのであれば、公的な支援や融資が受けられないか調べてみましょう。
  • お金を借りる時には借入金額は最小限に抑え、金利も可能な限り低くなるようにしましょう。また、実際に返済していけるかどうかの点検も重要です。

スポンサーリンク

【お金を借りる前や借りる時に気を付けることの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ