生活に役立つお金の情報です。

賃貸での住居費の節約方法

記事作成日:2015年5月30日

支出金額が大きく固定的に発生するため家計を圧迫しやすいのが住居費です。賃貸の場合には購入の場合よりも引っ越しがしやすいほか、家賃交渉によって家賃を下げることが出来る場合もあります。ただし家賃交渉が、簡単なことではありません。賃貸での住居費、家賃の節約方法について説明しています。

スポンサーリンク

家賃交渉を行う

家賃交渉の具体的な方法については、家賃交渉のやり方で詳しく説明していますので、参考にしてください。

家賃交渉で節約

節約度:★★★

場合によっては家賃交渉を行うことで家賃を引き下げることができる場合があります。特に新たに入居する際の契約の過程で家賃交渉を行うのが効果的ですが、住んでいる部屋でも更新時期に引き下げ交渉ができる場合があります。

社宅や寮に住む、会社の補助制度を利用する

社宅で節約

節約度:★★★★

会社員の人は会社が用意する社宅や寮などを利用することで家賃を大幅に抑えることができます。ただし、会社の人間関係と同じように社宅での人間関係にも気を使うことになる場合が多いので気をつけましょう。

また、転職などを考えている場合は使いづらい方法です。ファミリータイプの社宅に住んでいた場合、定年などで会社を辞めた後の住まい探しに苦労する例もあるので、社宅を利用する場合は生活設計をしっかりと考えておきましょう。

借り上げ住宅(社宅)、住宅手当で節約

節約度:★★★★

企業が一時的に部屋を借りて借り上げ住宅(借り上げ社宅)として運営される場合や、従業員が借家を借りている場合に何らかの手当てや補助などを出すような場合もあります。企業が契約しているか、個人が契約しているかで税法上の扱いが変わってきます。

企業が契約する借り上げ住宅は企業が主体となって契約する場合と、従業員の希望する部屋を企業が契約する場合があります。

手当てや補助は会社によって意味や使われ方が様々ですが家賃補助や住宅手当などの名称がついている場合があります。家賃補助や住宅手当は借り上げ社宅に関して使われる場合もあります。

学生向けの寮で節約

節約度:★★★★

学生などの場合は学生向けの寮が運営されている場合があり、利用すると家賃を下げられる場合があります。大学が運営している場合と、大学以外の主体が運営している場合があります。比較的安い家賃で利用できることが多いです。

家賃が安い家に引っ越す

家賃の価格を左右する要因については、家賃に影響する要因家賃に影響する要因で説明していますので参考にしてください。

家賃が安い家に引っ越して節約

節約度:★★★

特に高い家賃の家に住んでいる人に効果的な方法です。少し高めの家に住んでいたけどどうしても生活が苦しいという場合は家賃が安い所への引っ越しをお勧めします。

月当たり1~2万円しか家賃に差が無いと、引っ越し費用や敷金の精算分、新居での礼金や敷金、仲介手数料などの元を取るのにかなり時間がかかってしまう場合がありますが、毎月3~5万程度家賃が下がるのであればかなり節約効果が期待できます。

実家に暮らす

実家に暮らしで節約

節約度:★★★★★

住居費の強力な節約方法が実家に暮らすという方法です。特に大学生や就職したての頃などは実家で暮らしているとかなりの節約になります。実家に暮らしている人は家にいくらか家賃を入れていても、普通に家を借りるよりもはるかに安い費用で済むほか、場合によっては食費も浮くことになるので、支出を抑えるという面ではかなり効果的です。

とは言え、実家で暮らすことは支出以外の面で様々な制約が出てきますし、人の生き方の問題にもなりますので人によりけりです。

スポンサーリンク

【賃貸での住居費の節約方法の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ