生活に役立つお金の情報です。

借金返済で一発逆転を狙ってはいけない

記事作成日:2016年1月2日

借金を返済する時に、つい一発逆転はないだろうか、楽して返す方法はないだろうか、ウルトラCはないだろうかと考えてしまうことがあります。しかし、借金返済で一発逆転を狙ってはいけません。状況をより悪くする可能性があるからです。借金返済に近道はなく、借金は地道に返していくことが一番確実なのです。

スポンサーリンク

借金返済で一発逆転は運にかけるしかなくなる

借金が膨大な金額まで積み上がっている人は地道に返そうとすると長い時間がかかってしまうため、楽な方法はないか、一発逆転できないかと考えてしまうことがあります。しかし、借金返済で一発逆転を狙うのは無謀というか、幻想だと思った方が身のためです。運や偶然にかけることになってしまうからです。もちろん世の中には強運の持ち主もいます。しかし、運に自分の人生を委ねてしまってよいのでしょうか?

過払い金請求や債務整理なら検討を

一発逆転を考えた場合に最も現実的で可能性が高いのは過払い金の請求をするか自己破産などの債務整理を行うことです。もし過払い金請求か債務整理であるならば、一発逆転もあり得るでしょう。うまくいけば債務が無くなるかかなり減ることになるので、普通の生活に戻れるかもしれません。ただし、手続きのデメリットについても十分に理解しておきましょう。しかし、それ以外の一発逆転の方法を狙ってはいけません。

確率にかけてしまってはだめ

公的に運営されている各種のくじや公営競技で一気に稼ごうと考えるかもしれませんが、平均的には損するような仕組みになっています。運よく逆転する人も現実にはいるでしょうか、少数派です。本当にごくごく少数派です。一発逆転狙いの支出が増えてしまって、借金を増やしてしまっては元も子もありません。いつか当たると思っていても当たらないものです。確率に自分の人生をかけてしまってよいのでしょうか。外れたらより状況が悪くなるだけです。

FXや信用取引で返済を狙うのももだめ

借金返済の方法をFXや信用取引などのハイリスクハイリターンの投資に見い出す人がいます。FXや信用取引などは純粋な確率にかけるものではありませんが、投資した以上に損失を出してしまう可能性がある投資は避けるべきです。儲かる保証はないのですし、損失を出してしまったら状況が悪化してしまいます。また、通常の投資も借金をしている時は避けるべきです。借金の内容にもよりますが、借金の金利は年率10%以上のことも多いですが、年率10%以上の成果を投資で出すのは大変だからです。詳しくは「借金返済時は貯金や投資をすべきか」で説明しています。

実際にあるラッキーな一発逆転

ただし、借金を抱えている人が偶然問題が解決してしまって、一発逆転することもあります。大きく分けると2つのパターンがありますが、親などから援助を受ける場合と、親などから遺産を相続する場合です。本人の努力ではなく、周りの援助・偶然によるもので、要はラッキーだった場合です。もちろんお金の出どころはどこであっても借金が返済されれば家計は楽になります。もし援助や偶然で借金返済が出来てしまった場合には、周りの人に感謝し、二度と同じような状況に陥らないことを肝に銘じるべきです。自分の努力でなく返済できてしまう場合には、再び借金をしてしまったり、家計の状況が改善しなかったりすることが一番の問題です。

債務整理しないで返すなら地道な努力を

債務整理や過払い金の請求をしないで、自力で返済しようとするならば、地道な努力を続けるしかありません。しっかりと働いて、支出を抑えて、借金返済を頑張らなければいけません。「借金返済のためには地道な努力を続ける」や「借金返済は長期戦、短距離走ではなく持久走」で詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

まとめ

  • 借金返済で一発逆転を狙ってはいけません。状況をより悪化させる可能性が高く、自分の人生を運にかけることになるからです。
  • ただし、債務整理や過払い金請求は債務を一気に減らすことができる場合があるため、状況によってはデメリットも踏まえた上で検討しても良いでしょう。

スポンサーリンク

【借金返済で一発逆転を狙ってはいけないの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ